こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

Instagram で紹介した、古作模様のこぎん刺し。

おはようございます。
kogin*bear style こひろです。

 

ブログの他に、Instagram もやっています(kogin_bear_style)。

海外のユーザーも多いSNSということもあり、和英両方で書いています。

(試行錯誤しながらこぎんや自分の作るものについての文が書けるように。

今も英語の勉強は継続中です)

模様について等コメントを頂くことも多く嬉しく思います。

 

Instagram でもご紹介した、こちらのこぎん刺し。 

https://www.instagram.com/p/BUSnvIhD8BN/

I stitched a traditional pattern which I draw from photo.In old time, kogin embroidery stitched on navy color cloth with white thread. They made their workwears of indigo dyed cloth. Changing the color of cloth and thread makes a big difference to impression. *写真から起こした古作模様を、現代の色で。糸の染めは1chi (@1mom1chi )さん。*#こぎん刺し #古作 #kogin #embroidery #traditional #japan #koginbearstyle

 古作のこぎんは、藍で染めた紺の布に白の綿糸で刺しています。

麻を育て、藍染をして…。

着物にする布から作る事が多かったため、そのようになったのですね。

 

裏側はこのようになっています。
f:id:kurosuke3796:20170521081105j:image

古作の特徴は、糸が表に出る部分が多いのがひとつの特徴のように思います。

この画像では色糸を使っていますが、古作だと前に書いたように白の糸が浮かび上がり、遠目に見るとこぎんを刺した部分が白く浮かび上がるように見えます。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。
【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story


★製作依頼・注文・問合せはコメントやメールからおまちしています♪