こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

イベント出展で得られたことについて(いまさらながらこぎんフェス)

おはようございます。
kogin*bear style こひろです。

 

イベントでは他の作家さんとご一緒することもあり、刺激を受けることも多々あります。
中でも、例年4月~5月のゴールデンウィーク(さくらまつり)の時期に弘前で開催される「こぎんフェス」では、とても刺激をもらっています。

今年の様子です。

kurosuke3796.hatenablog.com

 

初めてこぎんフェスで出店募集をした時から出展しており、
(今年、出店メンバーの中で最古参だということが判明)
毎回、色々な方とのご縁があります。

総刺しこぎんクマをはじめ、私が作るものは製作に時間がかかるため、
量産が難しいというのが課題でした。
このことに気付いたのは、こぎんフェスに出るようになってからでした。

量産と言っても、市販の商品のように何万という規模でつくる必要は
もちろんありません。

 

ですが、イベントで販売するには、ある程度まとまった量は必要だし、
お客様との出会いを広げるには、数が多い方が良いのは言うまでもありません。
また商品の種類を増やしたり、お客様に喜んでいただくための
工夫も常に必要です。

製作に時間がかかるのは確かにそうですが、
そこに甘えていた部分もあったかもしれない、と。
そう考えると、早くできる工夫をして少しは早くなりました。
(とはいえ、オーダーでは多少余裕を見た日数をいただいております…)

 

自分ひとりで作っていると、
どうしても、こういうところの感覚が鈍くなりがちなので、
イベントに出るなど、他の作家さんとの交流は大切なのですね。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

 

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪