こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

原点回帰~初期のこぎんクマ、再作製計画中。

こんにちは。
kogin*bear style こひろです。

 

最近インスタにも載せた、初期のこぎんクマたち。
f:id:kurosuke3796:20170609095139j:image

真ん中の「くろすけ」が一番古く、2011年7月に生まれました。

足だけではなく、手のひらにも底(?)がある独特の形です。 

鼻は現在のものより大きめですが、口角を上げた口はこのころから。

くろすけは、独特のグラスアイに合わせて、

ちょっと普通にはない面白い表情を狙いました^^

 

最近、初期のこぎんクマバージョンも、また作ってみたくなっています。

最初のモデルができてから6年。今作るとどんなベアになるのか…。

夏に向けて取り組んでみたくなりました^^

 

 

独特の表情というと、ドイツのDDRベアやチェコのヴィンテージベアもいますね。

この子はうちにいるヴィンテージベア。数年前に浅草のチェドックザッカストアさんからお迎えしました。
f:id:kurosuke3796:20170609095126j:image

このようなヴィンテージベアたちはロシアや東欧のアンティーク雑貨を扱うお店で出会えます。

シュタイフなどのベアとは一味違う雰囲気が何とも言えず好きです(≧▽≦)

同じ顔の子がおらず、みんな違う味のある表情になっています。

オンラインショップもありますが、実際にお店やイベントで手に取って、お好みの子を探すのがお勧めです。

糸やモヘアの擦れ方など、年月を経たことで出る雰囲気もあるのかもしれませんが、

型紙の作りや顔立ちなども独特であるように思います。 

 

あ、しばらくご無沙汰していましたが、

近日中に、kogin*bear styleの新作のクマができる予定です。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。
【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story
★製作依頼・注文・問合せはメールやコメントからおまちしています♪