こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

テディベアをかわいく作るコツ。

おはようございます。
kogin*bear style こひろです。

自分で、キットのテディベアを作ったり、
本を見て作った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも、なんか違う…。なんかうまくいかない。
そんな風に思われた方はいませんか。

人それぞれの個性が出るので、
気にしすぎることは、ないのですが、
作家として、またそれまで作り続けてきた経験として
ちょっとですが気づいたコツをお伝えしようと思いました。

●綿はしっかり詰める!特に頭。
頭部分には、しっかり綿を詰めましょう。
鼻先から詰めていき、次に頭のふくらみ、
そして形をまるく整えながら、頬のあたり。
小さくちぎった綿を少しずつ詰めます。←ここ重要。
画像のように、丸顔になるように詰めていきましょう^^

作られた方は結構驚かれるんですが、
テディベアは、綿がとにかく入るんです。
胴体や手足も、綿を小さくちぎりながら、
しっかりと詰めて形作っていきましょう。

●顔のバランスを決める!
テディベアは色々な顔の子がいます。
作る人によって本当に個性が出ます。

どんな顔にしたいか、決めてから作るとよいと思います。
迷ってしまうので、なんとなく、簡単なイラストを描くのも良いでしょう。

顔が決まったら、画像のように待ち針で耳と目の位置を決めます。
その通りに縫います。

鼻も、画像のように、待ち針に刺繍糸をわたして形を決めて…
刺繍針で輪郭を取って、刺繍します。
鼻ができたら口の形も同様に決めます。

全体的な作り方や、
もう少し詳しい場合は、1日で教室もやっていますので、
詳しくは問合せをお願いします。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

                        • -

★kogin*bear style 活動情報★
★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30〜18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■針仕事の専門店 ワサビ・エリシ
営業時間:11:00〜17:00 火曜定休(祝日は営業)
http://wasabielisi.com/

★製作依頼・注文・問合せはメールフォームからおまちしています♪