こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

古作こぎん風 こぎんオーナメントベア。

こんにちは。
kogin*bear style こひろです。

以前、古作こぎん風に作った、
こぎんオーナメントベアがあります。

左から、西こぎん、三縞こぎん、東こぎんです。
小さいので、模様が限られてしまっていますが…。

西こぎんは、現在の弘前市の西側の中津軽郡一帯で作られていました。
山での作業の際に重い荷物を背負うため、肩の部分に縞があります。
また、模様が細かく色々な模様が入っていて手間がかかっている、とのことで、
小さい模様を何種類か入れました^^ゞ

三縞こぎんは、岩木川下流にあたる旧金木町(五所川原市)を中心に作られ、
胸と背に、太い三筋の縞模様が入っているのが特徴です。
小さい模様でこの縞模様を表現してみました。

東こぎんは、弘前市を中心に東側の地域で作られていました。
枠模様を数種類組み合わせ、その中に単位模様を刺すパターンで、
縞模様は入っていません。
(参考:弘前こぎん研究所監修『津軽こぎん刺し 技法と図案集』誠文堂新光社 2013年)

オーナメントベアは、服を着ているように見えることから、
このデザインを思いつきました。
紺色に白の糸で刺したのも、古作のこぎんをイメージしてのことでした。

ただ、やはり小さいので、もう少し大きく模様が見える形にしたいなと思っています。

今日も読んでくださりありがとうございます。

                        • -

★kogin*bear style 活動情報★
★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30〜18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■針仕事の専門店 ワサビ・エリシ
営業時間:11:00〜17:00 火曜定休(祝日は営業)
http://wasabielisi.com/

★製作依頼・注文・問合せはメールフォームからおまちしています♪