こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

「そらとぶこぎん」創刊号

おはようございます。
kogin*bear style こひろです。

今、話題の「そらとぶこぎん」創刊号。
弘前で早速購入しました。

4月25日に成田本店や弘前紀伊國屋書店ほか、青森県内の手芸店、amazonなどで発売となったそうですが、
早くも売り切れ続出の書店が出たり、
amazonでは手芸本ランキングで2位になるなど、大人気となったそうです。

こぎんフェスの会場でも、
最終日の30日に、編集部の方がブースを出して販売されていました。

かつて弘前のこぎん刺しを支えた方、
現在、作家として活動されている方も紹介されています。
古作こぎんの写真がたくさん載っており、最後に図案もあります。
私も早速刺してみました。

これを読んで、こぎん刺しの辿ってきた道を改めて学ぶとともに、
これから、自分はどういう風にこぎんと関わっていくか。
自分にとってこぎんとは何なのか。
改めて考えるきっかけになりました。

伝統的な模様、古作にあるような模様に拘りながら、
絵を描くように、色々な感情や風景をベアで表現したい。
そんな思いで、自分の世界を作りながら刺し続けていきたいなと。

年1回刊行のようですが、第2号もとても楽しみです。
まだまだゴールデンウィーク中。
弘前を訪れる方も多いと思います。
こぎん刺しを始めたばかりの方も、既にたくさん作られている方も、
ぜひ手に取っていただきたいと思います。

今日も読んでくださりありがとうございます。

                        • -

★kogin*bear style 活動情報★

★iichi(いいち)出品中。※5/2までお休みします。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30〜18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールフォームからおまちしています♪