こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

冬の弘前観光のススメ。

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

青森市で開催の「おやつを楽しむ豆皿とこぎんコースター展」いよいよ今日が最終日となりました。

お近くの方は、是非お運び頂ければと思います。

 

冬の青森・弘前というと、

「寒そう」

「雪が大変そう」

と言うイメージがあり、スキーや温泉以外で行くのはちょっと…と思われるかもしれません。

でも、冬ならではの楽しみや、味わえるものがあるんです(^^*)

弘前の雪景色はとても風情があって美しいですよ。また、桜やねぶた・ねぷた時期のように混んでもいないので、ゆっくり回れます。

ここでは街歩きに限ってお話しします。

 

■冬限定・大学いも

冬限定と言えば、土手町にある弘前中央食品市場の大学いも

f:id:kurosuke3796:20180129072353j:plain

この中央食品市場は野菜などの食材の他、お弁当やお惣菜などのイートインスペースがあります。

大学いも、私も前に食べてきました。画像は2017年のもの。

計り売りです。ほくほくで美味しかったです。

 

藩士のコーヒー

隣の名曲喫茶ひまわりでは、落ち着いた雰囲気の中でくつろぐこともできます。

コーヒー好きな方には「藩士の珈琲」をぜひ飲んでいただきたいです(^∇^)

f:id:kurosuke3796:20180129072443j:plain

一見お茶のようですが…コーヒーです。

蝦夷地警備を命じられた弘前藩士が浮腫病の薬として飲んだとのこと、なんだか薬のような雰囲気も。少し変わったコーヒーを楽しむのもおすすめです。

他にも、成田専蔵珈琲店、弘前大学敷地内にある洋館を利用した弘大カフェでも飲むことができます。

弘前は珈琲の街です委員会

 

■こぎん刺しのお店も

また、どて箱さんやラポムさん、津軽工房社さんなど、こぎん刺しの作品を扱うお店もあります。kogin*bear style の商品を置いていただいているお店は、記事末尾にリストがあります。

以前はお土産屋さんでこぎん刺しの商品が販売されていましたが、

最近ではそれぞれの作家さんの個性あふれる作品が雑貨屋さんなどでも販売されています。
f:id:kurosuke3796:20180129045228j:image

 

  新作の豆ぐま。3,000円+税。

 

 ■雪対策

雪や寒さについては、最新の予報を確認して頂くのが一番ですが、雪になれてない地域の方は、特に靴に注意です!!

滑り止めの靴は必須です。

イトーヨーカドーでも買えます(冬用の靴は全部すべらないようになってます)。

凍っている所がある一方、ヒーティングで溶けてるところもあります。

濡れてるところは意外と滑るので要注意です。

対策はしっかりした上で、楽しんで頂きたいと思います。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★

【イベント】
■2017年12月1日~2018年1月29日
「おやつを楽しむ豆皿と こぎんコースター展」
時間:10:00~16:00
※休み→土日祝・12/29~1/8
場所:space mizuiro.inc
青森県青森市新町1-8-12 2階
http://mizuiroinc.com/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。
【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪