こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

「こぎん」を入れないのがこだわり?! 自分用イヤリング

今年も、ピアスやイヤリングは大ぶりのものが流行のようです。

モダンな雰囲気のデザインが多いので、そんな中にも程よい甘さを加えて作ってみました。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

最近、手作りイヤリングにはまっています。

クードゥビジュウさんでサンプルなどを見たり、キットを作ってその面白さが分かりました。

kurosuke3796.hatenablog.com

 

 

髪をまとめる事が多いので、ヘアアクセサリーも使っていますが、

横からみてアクセントになるものがあると良いなと思っています。

 

元々片耳につけていたのですが、最近のは両耳用が多いです。

チェコビーズで色々作っています。
f:id:kurosuke3796:20180302080342j:image

 リングタイプが多いですね。

*色はピンクなど淡い色合い

*ハート、フラワーなど甘めのモチーフ

*長さがあって揺れるタイプ

 が、特徴です。

洋服などのコーディネート全体を、上品で程よい甘さのある「クラシカルスイート」でまとめたいので、その雰囲気に合わせたいのもありました。

 

他人から見て似合っていて、自分でも無理せず身に付けられる雰囲気のもの、を追求した結果、落ち着いたのがこれなのです。

 

今まではそういう甘い雰囲気のものは私には似合わないと思っていたり、

甘く見られそうと思って避けてきました。

 

今は、男だからとか女だからとか、そういうことに関係なく色や洋服を選ぶ人も増えています。ユニセックスなデザインもあります。

そんな中、敢えて自分の意思で女性らしいスタイルを選ぶということをこれからのテーマにしたかったのです。 「女性の女装」ということになるのかもしれません。

そういうものを避けてきた私にとっては挑戦にもなりますし、年齢的にもどこまでなら合わせられるだろうと攻める姿勢になるのも楽しいです。

メイクや美容にもより興味を持つようになりました。

 

ひとつのスタイルを自信を持って貫くことは、何よりも強さにつながると思っています。

つらいことがあっても、身だしなみを整えることで、自然に姿勢も良くなって、

なりたい自分になれて、前を向けると思う。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
【イベント】
■2018年3月1日~21日
時間:10:00~PM10:00
会場:箸ギャラリー門 アトレ吉祥寺店
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺2F 三番街
http://www.atre.co.jp/store/kichijoji/shop/news/73378
■2018年「こぎんフェス」→開催される限り出展します。
(詳細未定)

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。
【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪