こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

真似されるのが嫌ということ。

 今度は個人的な話です。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

自分用の腕時計を作りかえました。

これ、時計部分のみビーズショップで買って、伸びるテグスにビーズを通しています。時計は電池交換もできます。
f:id:kurosuke3796:20180518074911j:image

前は2月か3月に作っていて、赤とグレーだったのですが。

紫のビーズを買ったので、初夏仕様にしました。梅雨とか紫陽花のイメージです。

ピンクの、大きい楕円のビーズは前も使っていたことがあります。

編んだりすることもあるようですが、大振りのビーズでブレス風にするのが好きです。

使いやすいし。

 

淡いピンクと紫の色合いは個人的にとても好きです。

誕生石がアメシストだからか、紫は昔から惹かれる色です。

ピンクも紫も、色の濃淡によって印象が変わる色だと思っています。

最近になって少し、うまく使えるようになったかな? …そうだといいなあ。

 

自分が商品のために作ったものを真似されるのは嫌ですが、

持ち物や洋服を真似されるのも嫌です。

「憧れてるから」というのは理由にはならないと思っています。

 

昔から地味にこだわりはあって、気に入らないというか自分の感覚に合わない服は絶対に着たくない子供でした。

食器に対してもそういうのはあって、食器が嫌だと箸をつけたくなくなるということもありました(食器が汚れていたとか虫がいたわけではもちろんありません)。

だからと言って高級なものでないと嫌だとか流行の最先端をいかないと嫌とかいうわけでもないので、地味なこだわりなのです。

 

ある程度の年齢になって、自分で洋服やアクセサリーを選ぶようになってからは色々試しました。

結構特殊なジャンルが好きだったというのもあり、リメイクしたり作ったりしたこともあります。ただ使えるお金は限られているし、地方に住んでいたので、あるものを使って、手に入るものをかき集めて、自分がしたい格好を表現していた感じです。

雑誌やネットをそのまま真似したり、とりあえず無難に見えればいいや、という発想はなかったです。だからイタイ人に見えたり、「何こいつダサい」等と思われたり言われたりしたことは限りなくあります。陰で思っていた人もいるでしょうね。

でも、誰に何と思われようと自分のしたい服装を貫きました(もちろんTPOはわきまえた上で)。

 

そういう過程を経たからこそ、自分のしたい服装を今の自分に合わせて選び取ったり、

服選びもどうしたらいいかを自然にわかるようになりました。

私にとっておしゃれとは、自分で自分の外見・心境を表現することなのです。

自分の顔や体型、雰囲気に合わせて、内面も理解したうえでの、似合う服装を自分で考える感じです。

そうすることで、自信を持って外に出られるし、人と会っても堂々としていられる。

●歳になったから何を着ていいかわからなくなった、という悩みはありません。

こういうのはすべて、過去に誰に何を言われても折れない神経を持っていたおかげだと思っています。今もある意味そうなのだけど。

 

服飾関係を仕事にしたいわけでも、過去にしていたわけでもありませんが、

ある意味自然に自分で真剣に取り組んできた趣味のようなものと言えるかもしれません。

良く見えても悪く見えても、「これが今の私」と堂々と言えます。

 

仮に真似されたとしても、ここに至る精神性までは真似できないし理解もできないと思う。

仮に私の真似をする人がいたら(いないと思うけど)、あなたにもっとぴったりくるものがあるから、それを探したほうがいいよ、と言いたい気がします。

それでも、意図して真似するのは気分がいいものではないからやめてほしいとは思います。そんなことする人はまずいないとは思うので、あくまで仮の話ですが。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】
★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。
【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪