こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

【iichi出品のお知らせ】こぎんテディmini ひまわり

向日葵を一輪もった人でした

やさしい声でひそひそと

僕に話をしてくれた

西條八十「おもいで」※)

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

毎週日曜日に新作追加してるiichi , 今回はこちらのベアを出品しました。

 

www.iichi.com

当初は「カワウソ」と紹介していましたが、「ひまわり」としました。

茶色の胴体、黄色の顔と手足は良くみるとひまわりのような色合いです。

 

真夏には少し早いですが。

ひまわりというと、中原淳一の編集していた少女雑誌を連想します。

 

終戦直後、人々が生活に精一杯の中、多感な年ごろの少女たちまでが、

身なりに気を遣わず、物々交換についての話を人目を憚らずにしているのを聞いて、

これではいけないと思い、本当の意味での美しさを伝える本を作りたいと考えて雑誌『それいゆ』が刊行されたそうです。

『ひまわり』は『それいゆ』の1年後に発行された少女向けの雑誌です(※)。

もちろん直接読んだことはありませんが、弥生美術館の展示や、現在読むことのできる中原淳一の書籍で読む限り、

身の丈に合ったおしゃれや、中原淳一による文学作品、美しい挿絵に合わせた詩の紹介など、人のまねではなく、自分で考えて美しさを学び、表現していくことができるようになっています。

こんな少女雑誌は今の時代はないと思いますし、大人になって読んでも学ぶことは多くあります。

 

(※出典いずれも:内田静枝編『中原淳一 少女雑誌『ひまわり』の時代』河出書房新社 2011年) 

 

宣伝ついでで恐縮ですが、7月15日まで、吉祥寺の箸ギャラリー門様で展示されています。

kurosuke3796.hatenablog.com

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】

7/15まで 箸ギャラリー門アトレ吉祥寺店で総刺しこぎんクマなど展示中。

7月14・15日はワークショップも開催。

http://www.atre.co.jp/store/kichijoji/shop/news/83034


★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪