こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

心の片隅にある景色~私の出身地の話。

先日、眼鏡の調整に行ったところ、対応してくれた人の言葉にピンと来ました。

終わってから「失礼ですが、青森の方ですか?」と伺ったところ、

札幌出身で親御さんが函館出身とのこと。

私とほぼ同じでした。

 

 私の出身地は、北海道と青森県の2つにしています。

どちらかとなると、生まれた北海道になるのでしょうが、思い入れが強くて頻繁に行くのは弘前です。

委託のお店が弘前に多いし、イベント(こぎんフェス)も出てるためで、

作家活動も、都内と弘前がベースと言えるかもしれません。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

私はどこか1つを出身地、とは言えません。

転勤族の方もそうかもしれませんが。

だから県民性と言われてもピンと来ません。

津軽訛りの北海道弁津軽弁が混じった言葉を話します。

(自覚はなかったのですがそうらしい)

どちらに愛着があるかと言えば青森県です。

学生時代から過ごした弘前があるからです。

1つに限る必要はないのかなとも思いますが。

 

このこぎん刺しは、ハマナスをイメージしてさしました。

模様は梅の花です。
f:id:kurosuke3796:20180625074034j:image

きっかけになったのはこの短歌。

 「はまなすが視野のはずれにいつもあるような気がして四十年経つ」

(渡辺泰徳『底辺生物』)

 

恐らくもう帰ることはない北海道。

でも言葉のイントネーション、四季折々の景色等は体が覚えてて、ふとしたときによみがえります。

そう言う事も表現できたらと思います。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】

7/15まで 箸ギャラリー門アトレ吉祥寺店で総刺しこぎんクマなど展示中。

7月14(土)・15日(日)はワークショップも開催。

http://www.atre.co.jp/store/kichijoji/shop/news/83034


★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。
【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪