こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

基本模様でもこの迫力! 古作こぎん模様を刺してみた。

 浅草アミューズミュージアムで見た、

古作こぎん模様を刺してみました。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

刺した模様はこちら。
f:id:kurosuke3796:20180827120833j:image

 枯山水の砂のような囲み。

目の中央にてこなこがあるようです。

1chiさんの虹糸と虹色コングレスを使いました。

 

元の模様の画像はこちら。
f:id:kurosuke3796:20180827120849j:image

黒い生地全面に、白の糸が出ています。

てこなこを八重の糸囲み、かちゃらず流れ、さらに六重の糸囲みとかちゃらず流れ。

基本模様の組み合わせですがそれだけでこの迫力。

同じ単位模様を繰り返して刺したり、3目刺す「糸囲み」という模様で囲んだり、

「糸流れ」といって、同じく3目刺す模様で、模様同士をつないだりすることで、

こぎん刺しを展開していけます。

 

私の刺した方は、布が小さいので模様が入りきっていません。

また現代のコングレスなので模様は縦長にはなりません。

 「夢見る揚羽」のイメージで作ってみたかったのですがどんなクマになるか^^

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪