こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

作り方の記録がないと大変だったという話。

作家さんでも自分の作品のつくり方をレシピとして記録している方、

そうでない方それぞれと思われます。

こぎん刺しは図案がありますし、テディベアなどは型紙があります。

デザインの段階で描いてその後は特に何もしなかったのですが…

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

こちらのスマホケースを販売用に作ることになりまして。

もとは自分用に作ったものですしまさか販売することになるとは思ってもいなかったので、特に作り方などは記録していませんでした。

が、いざつくる段になって、手順が思い出せずやり直したところもいくつか…

袋物を作るのがあまり慣れていないということもあって、普通に作るよりかなり時間がかかってしまいました。

 

型紙などはそれぞれ分けてファイリングしていますが、

確実にわかるものは別として、作り方だけでもメモしておかないといけないなと思った次第でした…

ちなみに、作り方に限らずメモはノートよりルーズリーフです。

さらに罫線よりも方眼が好きです。

殴り書きに近い状態で書くので、描いたり外したり並べ替えたり自由にできるのがいいんです。

しかも図案やつくり方のメモなどは、たいていの場合材料と一緒にクリアケースに入れてあります(笑)

作業しながら材料一式とノートを出すとかめんどくさくて無理!

ノートなどにきっちり書く作家さんもいますがすごいなと思います。。

 

スマホポーチについて、詳しいことは昨日のブログ記事をご覧ください^^

kurosuke3796.hatenablog.com

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】
■2018年10月23日~28日「津軽のこぎんと刺し子展」
時間:10:00~18:00(最終日は16:00)
場所:浅草アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリーマーケット

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪