こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

曇天の下の牡丹の花~総刺しこぎんクマ

けれども、編んでいるうちに、私は、この淡い牡丹色の毛糸と、灰色の雨空と、一つにとけあって、なんとも言えないくらい柔らかくてマイルドな色調を作り出していることに気がついた。(太宰治『斜陽』) 

 

その牡丹色はこんな色なのかなと。
f:id:kurosuke3796:20181006190826j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

ここ数日天気が悪い日が多かったように思います。

関東は、昨日今日は晴れていますが…。

これから冬に向かう季節、曇り空が増えてくるような印象があります。

それは札幌や弘前など、北日本で過ごしてきたからでしょうか。

 

冒頭で引用した太宰治『斜陽』の一節は、鮮烈に頭に残る文章でした。

柔らかい毛糸の牡丹色は、手にしてみると濃すぎるように感じるかもしれません。

ですが冬の空の下では、温かみがありかつよく映えるような気がします。

暗色の一種の赤は少し沈んで見えますし、橙や黄色だと空の色と相反する印象。

ピンクの中でも、少し強いピンクが良く合うのかもしれません。

 

よこから。
f:id:kurosuke3796:20181007081103j:image


f:id:kurosuke3796:20181007081119j:image

うしろから


f:id:kurosuke3796:20181007081132j:image

 

こぎん刺しは、1chiさんの虹糸と、つきやさんの糸を使いました。

ピンクのグラデーションです。

 模様は「くるびからの鼠の歯こと結び花囲み」でしょうか。

古作の写真からおこしました。
f:id:kurosuke3796:20181007081148j:image

 

大きさは

 高さ7cm(耳を入れると8cm)×横7cm
奥行5cm
※自立はできませんので座った状態です。


f:id:kurosuke3796:20181007081207j:image

 牡丹は弘前ねぷたの台座部分にも描かれますね。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】
■2018年10月23日~28日「津軽のこぎんと刺し子展」
時間:10:00~18:00(最終日は16:00)
場所:浅草アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリーマーケット

https://www.amusemuseum.com/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪