こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。作品販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

手仕事のクマで、さりげないぬくもりを~kogin*bear styleプロフィール

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style は、

大人の暮らす、現代の空間にもさりげなく馴染み、
丸いフォルムで、そっと私たちの心を和ませてくれる。
手仕事のぬくもりが伝わる、こぎん刺しのテディベア、ベアグッズを作ります。
デザイン、こぎん刺し、縫製、仕上げまで全工程、ひとりの手作業で作っています。

f:id:kurosuke3796:20190102210918j:plain


こぎん刺しのテディベアを作り始めたのは、2011年。
きっかけは、テディベアのイベントに出展(共同)したことでした。
様々な作家の、たくさんのテディベアがある中、

個性を出さないと埋もれてしまうと思い、
かつて住んでいた青森のこぎん刺しを、ベアに取り入れることを思いつきました。

とはいえ、こぎん刺しの経験は全くありません。
その頃は、今のようにこぎん刺しの材料や本などはありませんでしたので、
検索してキットや本、材料を購入し、独学で刺し方を学びました。
型紙も新たに作り、足に小さな「花こ」の模様を入れたテディベアが生まれました。

f:id:kurosuke3796:20190112080155j:plain

これが第1号のこぎんクマ「くろすけ」です。

ツキノワのないツキノワグマ「ミナグロ」で、足にこぎんの入った一風変わったクマ。

このクマが、自分の仲間のこぎんクマに出会っていくというストーリーで

私の製作活動が始まりました。


それから、こぎん模様がもっと楽しめるようなテディベアを、と思って作ったのが、
頭中央と胴体半分、足底にこぎんを入れた「総刺しこぎんクマ」。
大きく取り入れた総刺しのこぎんと、頭と手足を動かせるのが特徴です。

 

f:id:kurosuke3796:20181027201014j:plain

f:id:kurosuke3796:20181213085510j:plain

Punk&Rockな総刺しこぎんクマも、デニムの総刺しこぎんクマも、

こぎん刺しのGift展で会えます☆

 

 本当の最初のはこちら。2012年2月16日、1体目は2月9日生まれ。

kurosuke3796.hatenablog.com

 


その少し前、胴体部分にこぎん模様を入れたマスコット(キーホルダー)も作りました。
これは「こぎんオーナメントベア」として販売しています。

f:id:kurosuke3796:20181017073559j:plain

こちらはiichiと、弘前市のどて箱様で販売中。

「こぎん刺しのGift展」には、春らしい色合いのものを出品します☆

私が一貫して、テディベアとこぎん刺しにこだわっている理由は、
もともとがテディベア作家であることに加え、小さなくまの形のぬいぐるみやグッズは、そっとそばにいて、人に言えない気持ちもわかってくれるような存在だと思うから。
実際に私も何度も、小さなテディベアに助けられてきました。

人との触れ合いが薄くなったり、または望まない人間関係で疲れてしまいがちな現代、全工程、手仕事で心を込めた小さなベアが、そっと和んだり癒したりすることができたら。そんな思い出作っています。

---

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

私の製作活動の根本的な考えを伝えたくて、色々文章や資料を作っています。

今回は展示に向けて、私がなぜこぎん刺しのテディベアを作るようになった家の経緯をまとめました。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)


【イベント】
■2019年1月22日(火)~27日(日)
「こぎん刺しのGift展」
時間:10:00~18:00(最終日は16:00)
会場:浅草アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリーマーケット
東京都台東区浅草2丁目34-3


■2019年3月30日(土)「こぎんブックマーケット2019」
時間:11:00~15:00
入場料:無料(ガイドブックは別売)
会場:綿商会館 6F
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町8-10
最寄り駅:人形町馬喰横山・東日本橋・馬喰町
東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅A4》徒歩約6分
都営新宿線馬喰横山駅A3》徒歩約6分
都営浅草線東日本橋駅B2》徒歩約6分
JR総武快速線馬喰町駅1番》徒歩約9分
https://kogin.net/bookmarket/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。


【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/