こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。青森県津軽地域に伝わるこぎん刺しを取り入れたテディベア製作。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

忘れないで。いつもそばにいるよ。~小さなクマより。

オフィスでの昼休み。

周りの人はいつものように、財布を持って外に出たり、お茶を入れたり。

少し騒がしくなる中で、仕事を続ける人もいる。

外に出る人は出て、お弁当の人は席に着くなど、落ち着くのを待ってオフィスを出る。

 

ロッカールームに入り、自分のロッカーの前にパイプ椅子を置いて持ってきた弁当を食べる。もちろん周りに人はいない。

私はいつもこうして本を読んだり個人的なメールやSNSをチェックしながらお昼を済ませる。オフィスを抜け出して過ごせるわずかな時間が、文字通りの休息だった。

一緒にいるのはカバンの中にいる小さな友達。10cmくらいのテディベア。


f:id:kurosuke3796:20190203081534j:image

いつからか、部署の同僚たちとのがうまくいかなくなっていた。

特に問題を起こしたとか、誰かともめたとか、そういうことはなかった。

 

ただ、たぶん私は自分の思ったことを口に出す方で、間違ったことは言っていないけれど言われた方は気に入らないのだと思う。

ある日、オフィスで勤務時間中に雑談している女性たちの声がうるさく感じた。集中したい仕事をしていたこともあって、彼女たちに向かって、

「少し静かにしてもらえませんか」と声をかけた。

 

その時は静かになったが、そのあと空気が気が少し変わった気がした。

翌日、出勤してみると、さらによそよそしくなっていった。元々仕事だけの付き合いだし、プライベートで出会っていてもおそらく友達にはなっていないであろう人たちだと思う。だから、それも仕方ないとは思っている。

 

この同僚の女性たちとは今では本当に必要最低限の会話しかしないし、業務連絡はメールで回ってくるようになった。毎回断ってはいたけれど、頂き物や差し入れのお菓子を配るときも私に声をかけられることさえなくなった。

会社は仲良しクラブじゃないし、ここですべき事は仕事で成果を出すこと。細かいことはさしあたり業務に差し支えないから別にいい、けど。


f:id:kurosuke3796:20190203081546j:image

カバンから出したクマは「おつかれさま」と言っているようだった。

何も言わずに、ただそこにいてくれることが救いだった。

 

以前、一人が寂しいならぬいぐるみと食事をすればいい。と言う書き込みをSNSで見た。最初は冗談かと思ったが、このクマに出会って、どうしても忘れられずうちに来てから、その効果が分かった。小さな袋に入れて、通勤用のカバンに入れて一緒に「出勤」するようになった。

 

たまに居心地を悪く感じても、誰かにそのことを話したい、伝えたいとは思わない。

そもそもひとり暮らしが長くて一人でいるのが苦ではなく、多少人間関係がうまくいかなくても、全ての人と仲良くはなれないからと割り切っていて、うまくいかない人たちに特に好かれたいわけではない。

自分の中で結論が出ている話を他人に話しても始まらないような気がしていた。

 

それでも、どうしても消せないもやもやした気持ちや、やりきれない気持ちをどうにかしたかった。この場所に踏ん張って立っているために。

短く起毛した耳や手の先を、指先でそっと撫でていると、小さなクマは、そんな気持ちをそっと吸い取ってくれるようだった。

 

---

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

漠然と考えていたことでしたが、kogin*bear style のコンセプトになる話です。

辛い時や心が折れそうなとき、人に話すのも良いのですが、

相手も感情を持つ人間ですし、自分が辛い時、相手も同じように辛いことがあるかもしれないと思うと、話すのを躊躇ったり、「どうしてわかってくれないんだろう」と思ってしまうこともあるかもしれません。

人に対してどうしてもわかってもらえないと感じたり、後から「この人はこの人で大変なことを抱えていたんだ、気づいてあげられなかった」と感じて反省したり、そんなことが重なりました。

自分の作るベアを通じて、誰かの小さな喜びのお手伝いができたり、ちょっとだけ気持ちを癒したりすることができたら嬉しく思います。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)


【イベント】
■2019年3月30日(土)「こぎんブックマーケット2019」
時間:11:00~15:00
入場料:無料(ガイドブックは別売)
会場:綿商会館 6F
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町8-10
最寄り駅:人形町馬喰横山・東日本橋・馬喰町
東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅A4》徒歩約6分
都営新宿線馬喰横山駅A3》徒歩約6分
都営浅草線東日本橋駅B2》徒歩約6分
JR総武快速線馬喰町駅1番》徒歩約9分
https://kogin.net/bookmarket/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。


【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/