こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

コレクションしたくなる、大人のための心のともだち。青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

作りかけ…でもいいのです。

こんにちは。
kogin*bear styleこひろです。
今日から11月ですね。
ハロウィンも終わり、これから街中やお店がクリスマス一色になるのでしょうね〜。
早い(A^_^;)毎年せかされているように感じます。。

さて。
こぎん刺しですが、いくつか並行して作る時。
ひとつずつ仕上げる場合と、並行して仕上げる場合と、
色々なやり方があるかと思います。
私は、並行してやります。

特に販売の予定のないものを刺していた時に、
期限のある試作やオーダーが入った場合、
どうしてもオーダーの方を優先させるようになります。

また、なんとなく刺していた時に、アイディアが閃いた場合。
閃いた方を先に取り掛かってしまうこともあります。
最終的には全部仕上げるのですが。

私個人としては、長く途中のまま放置してある作品があっても
特に気になりません。
ずっと刺しかけのままだったものが、
何かのきっかけで、とんとん拍子に完成することもあります。
それは、そういうタイミングを待っていたんだなぁと思うようにしています。

作品にも、それぞれが完成するタイミング、
行き先が決まるタイミングを持っているんだなぁと思います。
作ってすぐに、ネットやイベントを通して行き先が決まっていくものがあれば、
しばらく出してもずっと決まらず、1年くらいたってから、
突然、あっという間に行き先が決まるものも。
自分で生み出す作品なのですが、作っているうちに、
自分の意志や思惑を超えたところに行ってしまうものなのかもしれません。


今現在、画像のように仕上がり待ちのこぎんが。
黒い方は、ロゴマークのベアに使用します。
白い方は、キーチェンにしようかと。

他にも試してみたい素材が色々☆
こぎんとベア以外にもやりたいことも^^;
そして、イベント盛りだくさんの11月!
十和田市現代美術館で今日から始まった展示「田中忠三郎が伝える精神」を
見に行くためにもお小遣い貯めないと!
(詳しくは下記URLよりどうぞ)

今月も、欲張りなkogin*bear styleをよろしくお願いいたします。
今日も読んでくださりありがとうございます。

    • -

■参考
「田中忠三郎が伝える精神〜東北の民俗衣コレクションと現代美術〜」
会期:2014年11月1日(土)−2015年2月15日(日)
会場:十和田市現代美術館ほか
http://towadaartcenter.com/web/exhibition_chuzaburo.html

(関連展示@東京)「アミューズ ミュージアム  布の絵画BORO 〜美しいぼろ布展〜」
会期:2014年10月3日(金)〜
会場:布文化と浮世絵の美術館 アミューズミュージアム
http://www.amusemuseum.com/exhibition/index.html