こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

コレクションしたくなる、大人のための心のともだち。青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

kogin*bear style の意味。

おはようございます。
kogin*bear style こひろです。

朝ドラ『べっぴんさん』。
公式ガイドを見て、お店の名前「キアリス」ってなんの意味だろうと思っていたのですが、
お店をやっている主人公とその友達、4人の名前の頭文字でした。

お店の名前を決めてから、主人公たちはより、
自分たちが作った店の商品を大切にしていく姿勢が見えてきましたね。

ネーミングって大切ですし、特にブランドの名前は、
商品にどんな意味を込めて、どんな思いで世に出したいと思っているのかを表す、
特に大切なものですね。

kogin*bear style」の由来は…だいぶ前に書いたかもしれませんが。

「こぎん刺しと、テディベアのやさしいかわいさを合わせて、
あると和みつつ、笑顔になれるような品物を作りたい。」
そんなコンセプトで、2013年4月にこのブランド名を付けました。

こぎん刺しとテディベアのかけ合わせで、独自のスタイルを生み出す、
と言った意味を込めています。

特に考えたというより自然に出てきた感じだったのですが、
まず、テディベアにこぎん刺しを取り入れることで、
私の個性をを出していこう、と思ったので、こぎん・ベアはすぐ決まりました。
かける、が「×」ではなく「*」なのは、
×だとあまりよくないかなと思ったからでした。
(ちなみに、*は全角表記です。半角だとネットで書くと表記がおかしくなるので)

styleは、当時はなんか一本芯の通ったようなそんな感じの言葉を、と思いつけましたが、
今になり、こぎん刺しとテディベアの組み合わせこそが、
私の表現方法の型(style)と言えるようになったのを感じています。

あれから3年以上、活動を続けてきたから。だと思います。

これからも、この製作スタイルにこだわって、
あると笑顔になれるような、誰かを励ましたり、幸せにしたりできるような、
そんな作品を作り続けていきたいです(^^)/

今日も読んでくださりありがとうございます。

                        • -

★kogin*bear style 活動情報★


★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア2種、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30〜18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■針仕事の専門店 ワサビ・エリシ
営業時間:11:00〜17:00 火曜定休(祝日は営業)
http://wasabielisi.com/

★製作依頼・注文・問合せはメールフォームからおまちしています♪