こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

古作の模様を描きました。~「裏うろこ形の糸囲みの結び花流れ」

古作の模様を描きました。

…古作と言うより、伝統柄を組み合わせたオリジナルと言う方が適切かもしれません。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

今回描いた図案はこちらです!

「裏うろこ形の糸囲みの結び花流れ」とでも呼ぶべきでしょうか。
f:id:kurosuke3796:20180402045539j:image

フリクションペンで色分けしているのは、刺し間違いを防ぐため。

ピンクの部分が「裏うろこ形」、それを囲む黒の線が「糸囲み」、青の部分が「結び花流れ」です。 

線での囲みは「糸囲み」と呼ばれるようです。他とつながれば「糸流れ」。

こぎんの基本ともいえる「結び花」が片方ずつつながって「流れ」の模様を作っています。

※流れと囲みについては、過去記事での説明をご覧いただければ幸いです。

kurosuke3796.hatenablog.com

 

 

途中経過はこちら。

こういう模様の場合、流れ模様を先に描くと、メインの模様を嵌めるように描けて

描きやすいです。

糸目の部分は調節できますしね。
f:id:kurosuke3796:20180402045602j:image

 この「裏うろこ形」は、kogin.netの山端さんが開催されていた古作こぎん研究会で

数年前に見つけたもので、初めて見たときはライオンに似てる!と思いました^^

こぎんdeライオンと呼んでいましたが…素朴でかわいいこぎん模様です。

 

「ねこのまなぐ」「ふくべ」等もそうですが、

こぎん模様は、何かの顔に見えてちょっとかわいいものが多いように思います。

 

これが「ねこのまなぐ」。猫の目の形の模様です。

f:id:kurosuke3796:20180404083008j:plain

 

これは「ふくべ」。瓢箪の意味です。中央のくびれが瓢箪の形に似てますね。

f:id:kurosuke3796:20180404083059j:plain

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】
【イベント】
■2018年4月28日~30日「第7回こぎんフェス」→出展申込み中。
青森県弘前市
http://kogin-fes.net/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。
facebookページの「購入する」ボタンからも飛びます。
【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪