こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

「隠沼」

ここは病室だろうか。ベッドが並ぶ殺風景な部屋。そのひとつに私は横たわっていた。恐怖で目を閉じたいのに出来ない。
これから、銃剣で突き刺されて殺されるのは分かっていた。やがて緑の軍服姿の人が二人、銃剣を携えて入ってきた。
私を見下ろした、その青い眼。

叫びだしそうになって覚醒した。ゆめ、と分かった。

 

初めての春、毟り取られた花。
紺色のプリーツスカートが捲り上げられ、閉じた脚を強引に開かされた。全てを覚悟して目を閉じた。セーラー服の下から入れられた手に乳房を掴まれる。やがて内部から切り裂かれるような傷みと、恐怖。思わず漏れそうになった叫び声は無理矢理に塞がれた。

相手は獣にしか感じられなかった。
「初めての相手が君で良かった」
無理矢理に組み敷いて事をし遂げても、そのような言葉が出るものかと感心した。涙すらも出なかった。

 

ともかくこれで、私にも、私の家にも危害が及ぶ事はないだろう。人身御供、と頭に浮かんだ。

それからしばらくは痛む身体と心を抱えて図書館で過ごした。本を読んでいると、蘇る忌まわしい記憶を止められた。太宰治坂口安吾谷崎潤一郎。硝子のようにばらばらに砕けた自意識を、癒やしてくれたのは、過去に生きた文学者達の言葉だった。

 

私は静かに生まれた街を離れ、その街へ移った。曇天が低く感じられるような日だった。雪が解けたばかりの土埃の匂いをそこかしこで感じた。

障子のある窓を開けると寺町が見えた。木の卒塔婆さえも、不気味さよりも温もりを感じた。入り組んだ路地を通って、ずっと昔からあるような家が並ぶ道を歩いていると、ひっそりと眠ったように建つ古い洋館を見つけた。
今がいつの時代なのかわからない風景に、自然に溶け込めるような気がした。

もう、故郷へは帰らない。

 

「私はそれまで、この弘前城を、弘前のまちのはずれに孤立しているものだとばかり思っていたのだ。けれども、見よ、お城のすぐ下に、私の今まで見た事もない古雅な町が、何百年も昔のままの姿で小さい軒を並べ、息をひそめてひっそりうずくまっていたのだ。ああ、こんなところにも町があった。年少の私は夢を見るような気持で思わず深い溜息をもらしたのである。万葉集などによく出てくる「隠沼」と言うような感じである」(太宰治津軽』)

f:id:kurosuke3796:20190301155352j:plain

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

弘前の和と洋、古いものと新しいものが混ざり合ったようなところはこれからも変わらないでいてほしいと思う。

引用:太宰治津軽』(新潮文庫

今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)


【イベント】
■2019年3月30日(土)「こぎんブックマーケット2019」
時間:11:00~15:00
入場料:無料(ガイドブックは別売)
会場:綿商会館 6F
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町8-10
最寄り駅:人形町馬喰横山・東日本橋・馬喰町
東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅A4》徒歩約6分
都営新宿線馬喰横山駅A3》徒歩約6分
都営浅草線東日本橋駅B2》徒歩約6分
JR総武快速線馬喰町駅1番》徒歩約9分
https://kogin.net/bookmarket/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。


【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/