こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

Branch road~ライラックの咲く街で

「終わりに、しよう」

秋も深まった10月。学校からの帰り道。私は自転車を押して並んで歩く彼に言った。
彼が、東京の大学に推薦で合格したと知った。おめでとう、よかったね。の後に出てきた言葉は、別れの言葉だった。私は栄養士になるため、地元の女子大に進学すると決めていた。受験に向けて追い込みの時だった。


日が短くなり、夕方というのに夜のように暗い。加えて私は前を見たままだった。顔を、見ることはできなかった。

しばらくどちらも何も言わず歩いていた。私の心の中で、不意に出た今の言葉が、偽りない本心だと確信していった。


彼とは入学式前の説明会で知り合って、家が近いと分かった。同じクラスになって、入学式の5日後に告白された。それから神宮祭も花火も、学祭も体育祭もイルミネーションも雪まつりも、今日まで全部一緒に過ごしてきた。
両方の家族や昔からの友達と、川原でジンギスカンをしたこともあった。
漫画や小説から想像していた「恋愛」とは違って、構えずに自然体で過ごせた。

 

「別に離れたから終わるって決まるわけじゃない。それに卒業したらこっちに戻る予定だし、休みだってあるのに」
そう彼は言った。たぶんほんとだろう。1年生から付き合って、毎日一緒にいた。家族も友達も公認の仲だった。
浮気が出来るタイプかどうかも、私には何となく分かる。きっとできない。石橋を叩いて渡る慎重さに加え、私を裏切ることは私だけではなく、応援してくれた家族や友達にも申し訳ないと(まだ結婚の約束すらしてないのに)考えるタイプだ。

 

「そうじゃない。でも、今離れたらもう終わりだと思う」
「じゃあ、東京に行かない方がいいって言うのか。俺は俺のやりたいことがあって、それで上京したいって話したよね。分かってくれたと思ったんだけど」
「それは分かってる。大学は本当に行きたいところに行くべきだよ。私だって、就きたい仕事があるから進学するし。将来を諦めるべきじゃないと思う」
「だったら、なんで」

 

彼の居ないこの街で過ごす時間が、耐えられないからだった。
彼は私の半分だと、そう思えた。知り合って3年だけど、まるで身内のように居心地が良い。欠けてはならない人だった。
春から彼は東京に行ってしまう。私はこの街で暮らし続ける。
変わらずそばにいる家族や友達。いつも通った道。クリスマスに初めて出かけて少し大人になれた気がした地下街。映画館。テストの最終日、二人乗りの自転車で出かけた公園。ずっとしゃべった駅前のファミレス。

この街で時間が過ぎていく。なのに、馴染んだ景色に彼だけがいない。それは自分の半分を無くしたかのような喪失感だ。

 

たぶん夏休みや連休に、彼は帰ってくる。でも、彼は彼がいない時のこの街を知らない。彼が久しぶりに見るであろう「故郷」は、きっとあらゆるものが変わって、過去にいた場所、懐かしい思い出と感じられることだろう。そして変わらずこの街で暮らす私のことも、やがて思い出になるだろう。


それならばいっそ、別れてしまった方がいい。そうすればいつか、一緒に過ごした日々を思い出にできる。ありきたりな「失恋」、胸の痛みと、そこからの再生。その方が余程傷が浅いと思った。

「…しばらく、受験勉強に集中したいから。私はこれからだし、本気で頑張らないと。だから」
納得していない様子だったが、ともかくも押し切って、耳を塞ぐように勉強に集中した。周りにも同じ事を言っていたので、彼と会わなくなったことを特に聞かれなかった。

 

そして、私も第一志望の大学に合格が決まった。
春からは大学生。私は地元で、彼は東京で。
そして、私の決意は変わらない。今この時に、終わりにするべきなのだ。


友達から来ていた、春休みに遊びに行く約束に返信をして、窓の外を見た。夕方なのに明るい。向かいの公園に見える白樺の木々。子供の頃から見慣れた大好きな景色。

私はひとりの私として、春からここで生きていきたい。新しい環境で新しい人との出会い、少しずつ変わっていくこの街とともに、私も少しずつ大人になっていきたい。
明日、改めてちゃんと話そう、と思った。
f:id:kurosuke3796:20190319090731j:image

 

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

遠距離恋愛になったら別れる理由ってなんだろう、と

いきものがかりの「SAKURA」を聴いていて疑問に思いました。

 

もちろん会わなくなって気持ちが離れたり、別の人を好きになったりすることはあると思う。でも「卒業の時が来て君は街を出た」・「それぞれの道を選び二人は春を終えた」と歌詞にあるので、そういう別れ方ではなく、その前に別れていると思われます。

 

通信がそれなりに発達している時代だし、遠距離が決まった時に分かれるってどんな心情だろう…という疑問から想像して書いたのが上記の話でした。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)


【イベント】
■2019年3月30日(土)「こぎんブックマーケット2019」
時間:11:00~15:00
入場料:無料(ガイドブックは別売)
会場:綿商会館 6F
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町8-10
最寄り駅:人形町馬喰横山・東日本橋・馬喰町
東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅A4》徒歩約6分
都営新宿線馬喰横山駅A3》徒歩約6分
都営浅草線東日本橋駅B2》徒歩約6分
JR総武快速線馬喰町駅1番》徒歩約9分
https://kogin.net/bookmarket/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。


【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/