こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

柱なき琴糸

「好きだ。誰にも渡したくない」

不意に抱きしめられて、耳元に低く聞こえた貴方の言葉。後れ毛を揺らす吐息。

こんなに近く、肌の熱を感じたのは初めて。身体を包む体温と香りに、気を失いそう。鼓動が早くなる。


白いシャツの胸元が視界に入る。同時に、化粧で汚さないようにと自分の顔のそばに手を添えた。そっと指を滑らせた、生地の文目。こんなに近くで、触れることは叶わないと、思っていた。そのはずだった。


「こんな所で…人が来ます。それに口紅が付きます」


それなら、と貴方は私の顔を仰向かせ、くちづけた。紅を拭うように強く押し当てる。目を閉じる暇さえなかった。かすかに声が漏れ、暫しの後。

「これでいいだろう」
私の唇を人差し指でなぞり、悪戯っぽく笑う貴方。その笑顔に何も言えない。もう一度、抱きしめられた。

 

好きになっては、いけない人。そばにいながら気持ちは隠してきたつもりだった。想うだけで十分だった。その一線は超えまい、と思っていた。

 

「これ以上は、いけません」
腕の中で、そう告げる。なにより自分の心に言い聞かせるように。

腕の力を緩めて、私の目を見つめて言う。

「俺の気持ちは変わらないよ」

目を伏せる。それでも、貴方の胸元から、指が離せなかった。


今の我に歌のありやを問ひますな柱なき繊糸これ二十五絃(「みだれ髪」)

f:id:kurosuke3796:20190308074050j:plain

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

引用した与謝野晶子の歌は、鉄幹に会えなくなった時の心情を詠んだものです。

つまり琴の「柱」とは、会えることを心の支えにしていたという意味だそうです。

柱を気持ちの支えとする点は同じですが、内容は全然違うものにしました。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)


【イベント】
■2019年3月30日(土)「こぎんブックマーケット2019」
時間:11:00~15:00
入場料:無料(ガイドブックは別売)
会場:綿商会館 6F
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町8-10
最寄り駅:人形町馬喰横山・東日本橋・馬喰町
東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅A4》徒歩約6分
都営新宿線馬喰横山駅A3》徒歩約6分
都営浅草線東日本橋駅B2》徒歩約6分
JR総武快速線馬喰町駅1番》徒歩約9分
https://kogin.net/bookmarket/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。


【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/