こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

「ゆめみるこぎん」のこぎん図案。

『古作こぎん刺し収集家・石田昭子の ゆめみるこぎん』(石田舞子編著・グレイルブックス)

いまさらながらわりと最近、東京の越前屋さんで購入しました。

古作こぎん刺し収集家・石田昭子のゆめみるこぎん

古作こぎん刺し収集家・石田昭子のゆめみるこぎん

  • 作者:石田舞子
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 単行本
 

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

石田昭子さん、純粋にこぎんが好きで、その熱意で集めておられたのが伝わりました。

江戸時代より日常着に施されていたこぎん刺し、明治に入り鉄道の普及などで着物が手に入りやすくなると廃れ、姿を消していったそうです。

このように、集めて残していこうという方々がいなければ途絶えていた工芸だったかもしれません。

 

こぎんの伝統を理解し後世に伝える。それが私たちにできることなのだと思います。

こぎん刺しでテディベアを作るという、少し異端なことをしているように思われますが、伝統の模様を使うということは崩さずに続けています。

 

『ゆめみるこぎん』では古作こぎんからの模様もいくつか紹介されています。

刺してみました(54ページの島田刺し)。

糸は虹色工房1chiさんの虹色こぎん糸を使いました。

夜に撮ったので色味が少し違って見えます…
f:id:kurosuke3796:20200430071645j:image

模様は基本模様なので、中央の模様のリズム(目数のようなもの)、囲みのリズムを覚えたら、割と簡単にさせます。

が、かちゃらず囲みがたまにあわなくなります。

強引にですが合わせました(笑)。

 

夕空のようなイメージの色にしました。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/