こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

信念~畳縁こぎんくま製作裏話。

私は周りの環境に左右されにくいタイプかもしれない。

また、新しいことを取り入れるのにそんなに抵抗がないかもしれない。

そんなことを今回のコロナで思いました。


f:id:kurosuke3796:20200523073507j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

テレビを見ないからというのはあるかもしれませんが、

そんなに怖いとかパニックとかはありませんでした。

身の回りで実際、特に何かが起こったという実感もないですし、

不安で仕事ができなくなったということもありません。

 

毎日、時間ごとにすることを記録しているのですが、

平日でも休日でも、ほぼいつもタイムスケジュールは変わらないです。

 

子供の時から一人で過ごすことが多かったから、自分ですることを決めて行動するということが当たり前なのもあってこうなのかもしれません。

(悪く言えばマイペースというか空気が読めないといえるかもしれません。

面倒が嫌いなので、そもそも他人の迷惑になることは避けて動いてはいますが、

集団の雰囲気を読んでなんとなく合わせて行動するのは苦手です)

 

またイベントがなくなったり、材料を買っている店舗などが休業になったので、

オンラインショップを利用したり、ある材料を使って作るというように、

方法を一部変えたところもありました。

こういう風に、必要に応じて変えていくことにあまり抵抗はないほうです。

 

作業工程に関しても、新しい材料を使う時は作りながら試行の連続です。

素材を手に取ってみたら大体どんな感じかはわかるし、普段の方法が使えないこともあるんです。

 

つしま畳店さまの津軽塗畳縁を使ったこぎんクマシリーズ。

こちらの畳縁は、接着芯やアイロンはNGとのこと。

素材を見たところほつれる心配が少しありました。

型紙をとらないといけないのですがどうしようと考えて、

裏写りしないことを確かめて、細いマジックペンで直接書いていきました。

私の縫い目はとにかく細かいので縫えればほつれる心配はないと思いますが、

念のためほつれ止めの処理はしました。

 

裁断、縫製すると心配するほどほつれてはこなかったのですが、

表に返すのが、固くて大変…

工具を使うと表面はこぎん部分も畳縁部分も乱れてくる可能性があります。

 

こぎんの生地を薄くして、耳などで隠れる部分を引いて目立たなくしました。

(そもそも思ったより乱れなかったです)

耳の裏もほつれないかもしれないと思って、耳にも畳縁を使いました。
f:id:kurosuke3796:20200523073526j:image

 

この津軽塗の模様は「唐塗」といって漆器に使われる代表的な模様だそうです。

 

 

 

www.iichi.com

 

同じ唐塗りの畳縁で黒もいます。

 

www.iichi.com

 

模様とはいえ、津軽塗でテディベアを作れるとは思いませんでした。

これからも、既成概念を壊した作品を自分のペースで作っていきます。


f:id:kurosuke3796:20200523082711j:image

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/