こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

2021年、疫病退散アイテムはコレ!!

2020年、コロナ感染拡大に伴い、疫病退散のアイテムとして流行したのは

なんといっても アマビエ

koginbear styleでも作りました。

kurosuke3796.hatenablog.com

 

2021年も、コロナがなかなか終息しませんね。

そんな今年の疫病退散といえばこちら!

f:id:kurosuke3796:20210122094417j:plain
会津の郷土玩具・赤べこです!

 minne出品していた赤べこ第2弾もおうちが決まりました。

次は節分に向けて製作しています。

オーダーご希望の方もminneからでも下記メールフォームからでもお気軽に連絡ください。

minne.com

会津赤べこは張り子で頭が揺れるのが特徴ですが、

このこぎん赤べこも、頭が揺れます。

テディベアの技法で頭を揺らすことができる技法があるので応用しました。 

 

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

すでに赤べこは福島で注文殺到とのこと…

今年は人気が出そうな要素があります。

 

・2021年は丑年。縁起のよい干支の物を。

東日本大震災から10年目の節目の年。改めて甚大な被害が出た東北、福島への思い。

こんな理由から、人気になるのではないでしょうか。

 

こぎんの赤べこは、津軽のこぎん刺しのぬいぐるみで、会津赤べこを作ったもの。

言ってみれば、東北最北端と最南端の伝統がひとつになった形です。

東北同士のつながりも大切にできたらと考えています。

 

東北愛をこめた赤べここぎんウシのぬいぐるみ、

津軽のこぎん刺しや、会津赤べこを知るきっかけになれば幸いです。

 

★kogin*bear style 活動情報★

■「カラフル展」
会期:2021年4月29日~5月9日 11:00-18:00

※2週間延期になりました。今後も変更の可能性があります。
会場:galleryIYN
大阪市北区中崎西1丁目8-24
JR大阪駅徒歩10分
阪急梅田駅徒歩7分
大阪メトロ「中崎町」駅徒歩2分

https://www.gallery-iyn.com/

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/