こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

コレクションしたくなる、大人のための心のともだち。青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

押しつぶされる側の言い分かもしれないが。

AppleiPad ProのCMが話題になりました。

楽器やカメラ、ゲームなどがプレス機で圧縮され、その後に最新のiPadが現れるというもの。

主に日本で反発が多いと聞きました。楽器などクリエイターが大切にしている、価値あるものをわざわざ壊すというのが行き過ぎではないかと。

私もこれはなんだか悪趣味だなと感じました。

(5/10のニュースで、アップル社が謝罪したというニュースが出ていました)

詳しい経緯は検索すると出ますがこちらなど↓

www.huffingtonpost.jp

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア・動物ぬいぐるみ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

 

たしかAppleは商品のイメージ戦略を大切にしていると聞いたことがあります。

こういう場面でこういう課題を解決するためにこんな商品があります、みたいなストーリー。

 

それに合わせて(個人的な違和感などは別に置いておいて)意図するところを考えるなら、例えば、楽器に触れたことがない人でも、この商品があれば経験がある人と遜色がない芸術品が生み出せるということかなと思いました。

 

音楽に写真、絵画、芸術。コンピューター。どれも本格的に始めようと思えばそれなりにお金がかかります。専門の教育も受ける必要もあります。

そもそも身近に芸術品に触れるにはそれなりの家庭に生まれないと難しいと言えます。

 

そういう生まれながらの格差を「破壊する」という意図があのCMにはあったのではないかと思いました。

iPadもたぶん高いけど、楽器を買ったり習ったりよりは安く済むので)

日本にいるとあまりピンとこない気がしますが。

 

それにしても本物に触れたことがないのに芸術を生み出せるのかなど賛否があるのはわかります。

AIが学習して作った絵画や、文章を使った芸術品は果たして人が生み出す芸術品と言えるのか、などの問題も起きて来ています。AIが学習した元の絵画の著作権はどうなるかの話もあります。

 

 

そのうち人間がプレス機にかけられ、スマホやAIがあれば大丈夫、みたいなことになりそうな気もしますw


f:id:kurosuke3796:20240514080034j:image

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展情報】

■東京渋谷手づくり博
会期:2024年7月23日(火)-7月28日(日)
時間:10:00~20:00(最終日は17時まで) 
会場:西武渋谷店A館7階催事場
(150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-12)

 

【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/