こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

Bear accessory こぎんクマ根付けのこんな使い方

 弘前市にある津軽工房社様では、
7日まで「こぎんの店の小さなこぎん展」
が開催されています。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

私の作るキーホルダーは、カニカンで本体から外せるようになっています。

そのためファスナーマスコットなどにしても楽しめるのですが。

先日、ポーチのファスナーの引手になっているパールビーズが外れてしまったので、

代わりにこぎんクマ根付のマスコット部分をつけてみました。

(こぎんクマ根付は現在、津軽工房社様で販売していただいています)
f:id:kurosuke3796:20180804082725j:image

アクセントにもなりますし、大きさもあるのでファスナーの引手として十分でした。

こぎんクマ根付のマスコット部分のサイズは下記のとおりです。
本体:4.5cm×3cm×厚さ1cm

 

また今年の夏は猛暑ですが。

髪をまとめる際、普段はクリップとリボンでシニョンにしていますが、

今年は一度1本に結んでから、飾りゴムで髪を輪にして(ゴムから引き抜く途中で止める感じ)、

残りを根元に巻きつけてゴムを隠す、という、ゴム1本でできるお団子の応用型のまとめ髪にしています。

この方がまとめた部分が少なくなり、頭皮も蒸れにくいのです。

 

アゴムは長さを調節できる(右のタイプ)ように作ってあるので、ちょうどよい長さにすることができます。

ゴムの大きさを決めて玉結びし、玉結び部分をボールのパーツに隠して使います。

f:id:kurosuke3796:20180720073716j:plain

アゴムと根付は、津軽工房社様でのみ販売しています。
 展示が終わった後も引き続き販売しております。

お盆の帰省や夏休みの旅行の際には、ぜひ立ち寄っていただければ幸いです^^

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】
■2018年8月1日~7日「こぎんの店の小さなこぎん展」
会場:津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪