こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

コレクションしたくなる、大人のための心のともだち。青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

パンダの日に向けて~星と花の双子パンダ

双子パンダ誕生にちなんで、星と花をテーマにしたこぎんパンダができました。

この子は「明けの明星」がテーマ。

夜明けの空をイメージしたこぎん部分(手足)と、晴れた空の色をイメージしたブルーに白のボディ。f:id:kurosuke3796:20211025082409j:image

 

首飾りはひとつぶの星。

上目遣いがなんともかわいいパンダです。
f:id:kurosuke3796:20211025082417j:image

2021/10/28双子パンダ販売開始!

それまで展示にて公開です。まだ1体のみw

minne.com

 

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

座高9cmと小さいので、そろえて飾っても、お出かけに連れて行ってもちょうどいいサイズ。

色々なところでぬい撮りを楽しんでいただけます。

 

 

やっぱり後ろ姿ももふもふ。
f:id:kurosuke3796:20211025082430j:image

 

もう1体「花」をテーマにした子は白黒タイプ。

本体完成は先だったけど、飾りが後になりました。

 

シャオシャオとレイレイはどっちが先だっけ? シャオシャオ?と思ったけどこのこぎんパンダも「星」つまりシャオシャオイメージのが誕生が先になりました☆

 

サツパン2と合わせてこの子もよろしくね!

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

「サツパン2」
会期:2021年10月29日(金)-31(日)11-17時(最終日は14時)
会場:Continental gallery(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1階
地下鉄 東西線 西11丁目駅 出口2 徒歩3分)

入場料:330円・3日間共通券550円(前売・当日とも)

キタ・コトリ2021 with サツパン2 ご来場予定の皆様へ - inkonite いんこにっと

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

新潮文庫の100冊2021を全部読んでみる

今週のお題「読書の秋」

 

新潮文庫の100冊の2021年のを年内に全部読破しようと思いたちました。

現時点で73冊読み終わりました。実現が見えてきました。

といっても、始まった7月の時点で40冊以上すでに読み終えていたのですが。

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

全部読むと決めてから、今までなら手に取らなかったであろう本も読むことになりました。

読んでみると、一冊一冊の人生に向き合っているようで、「本は友達」という言葉がしっくりきました。

違う時代、国を生きた誰かの思いや作った物語。

 

サマセット・モームの『月と六ペンス』。


f:id:kurosuke3796:20211025075712j:image

大学の講義でモームの名前だけは聞いたことがありました(しかもその講義は聞いていない)。

あらすじで、画家の生涯についての話と知って興味を持ってみました。

チャールズ・ストリックランドという画家、聞いたことない…

独創的な画風で画商から相手にされず、ロンドンからパリへ移り住み、最後はタヒチに。この頃には絵に高値が付くようになっていたと。

ある有名な画家をモデルにしたそうです。

 

挟まっていたチラシが『十二国記』なのもまたいいです。

読者層かぶらなさそうですが…

 

十二国記』、読むときは『月の影 影の海』から読むことをおすすめします。

上巻は心折れそうになる出来事の連続で「もうこんな暗い本むり…」となりますが、リンク画像のネズミが登場する下巻以降は好転するので耐えましょう(笑)。

魔性の子』を読むのは、少なくとも『風の海 迷宮の岸』を読んでからにしましょう。話の流れ的には『黄昏の岸 暁の天』と、『白銀の墟 玄の月』のあいだになります。

www.shinchosha.co.jp

ちなみに当初は『魔性の子』以外は講談社ホワイトハートから出ていました。

そちらで読んでから、新潮文庫のを全部買いなおしました(新装版は『図南の翼』と『魔性の子』は持ってない)。

『白銀の墟 玄の月』で完結したようですが、短編一話で「傾きかけている」とだけ出た柳と、まったく言及されていない舜についてはどうなるんでしょうw

あと、濃く登場しながらも即位の経緯などが触れられていない範王と漣王が気になる。

奏の王一家は大体わかって来たからいいけど。

『図南の翼』くらいで出してあげたらいいのに…

 

 

こちらは図書館で借りましたが。


f:id:kurosuke3796:20211025075725j:image

『吾輩も猫である』。ネコについてのアンソロジー

「な」で始まる作家はいないのに「な-1-50」。そして背見出しの色は漱石さんカラー。

こういう遊び、好き。

 

年内読破を目標に読んでいきたいなと思います。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

「サツパン2」
会期:2021年10月29日(金)-31(日)11-17時(最終日は14時)
会場:Continental gallery(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1階
地下鉄 東西線 西11丁目駅 出口2 徒歩3分)

入場料:330円・3日間共通券550円(前売・当日とも)

キタ・コトリ2021 with サツパン2 ご来場予定の皆様へ - inkonite いんこにっと

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

【こぎんパンダ】モヘアによってこんなに違う!

本物のパンダも、同じ白黒だけど特徴があります。

たとえば上野のリーリーは頭が少しとがってます。

シャンシャンは頭が平で、目の縁の下が少し跳ね上がってます。

シンシンは丸顔で耳もまるく、目の縁の下はシャンシャン同様はねてます(つまりシャンシャンの顔はママ似?)。

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

座高9cmの、こぎんパンダ。

同じ白黒でも、材料のモヘアによって違うんです♪

 

まずはこちらの子。

本物のパンダに近いかもな、光沢控えめな毛のモヘア。


f:id:kurosuke3796:20211018165507j:image

ちょっと野生っぽい雰囲気。


f:id:kurosuke3796:20211018165524j:image

 

 

同じモヘアでも少し光沢がある子。

すずらん
f:id:kurosuke3796:20211018165548j:image

 

ハロウィン


f:id:kurosuke3796:20211018165800j:image

 

春を待つパンダ


f:id:kurosuke3796:20211018165824j:image

カラーだけどラベンダー

f:id:kurosuke3796:20211018165903j:image

 

サツパン2では、このタイプの白黒がおおいです。

 

大きい子もこのモヘアです。

f:id:kurosuke3796:20211018165610j:image

 

起毛した毛足の子はこちら!

製作中の双子パンダがモデルの子。


f:id:kurosuke3796:20211018165637j:image

手がまだなのでトルソー状態ですが、なんか悩ましいポーズです…

 

キュートな表情になりやすいかも。


f:id:kurosuke3796:20211018165729j:image

こぎんパンダ、実際にお手にとっていろんな角度からご覧になるとまた表情がそれぞれ違います。

ぜひあなたのお気に入りの子を見つけてください。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

「サツパン2」
会期:2021年10月29日(金)-31(日)11-17時(最終日は14時)
会場:Continental gallery(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1階
地下鉄 東西線 西11丁目駅 出口2 徒歩3分)

入場料:330円・3日間共通券550円(前売・当日とも)

キタ・コトリ2021 with サツパン2 ご来場予定の皆様へ - inkonite いんこにっと

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

サツパン2荷物送りました!

いよいよ来週に迫ったサツパン2とキタコトリ2021!

連日、SNSで他の作家様の素敵な作品を目にして、もうドキドキしています…!

 

こんなにパンダを作ったのは実は初めて。

去年11月にデビューしたばっかりなんですよ、こぎんパンダ!

手足が動く正統派テディベアの技法で作り、手足にこぎん刺しを取り入れたテディパンダ。

ひとつずつテーマや世界観のある、個性的な子たち。

それぞれをイメージしたクリアボックスも今回つけました。

 

ディスプレイの練習をしてから、おととい、サツパン2に向けて荷物を発送しました。

パンダフルスペース!
f:id:kurosuke3796:20211022203006j:image

ならぶとかわいいよね?

いろんな角度から見て、裏の解説もご覧いただいて、

ぜひお気に入りのパンダを見つけてください!

 

 

こんなのも作りました。
f:id:kurosuke3796:20211022202603j:image

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

大きいパンダにつきます。
f:id:kurosuke3796:20211022202622j:image

 

この子たち。オーガンジーバッグがそれぞれつきますが、プチこぎんチャームもプレゼント☆

上の画像で、左の紺色のが白黒タイプに、みきのが赤白パンダにつきます。
f:id:kurosuke3796:20211022202632j:image

パンダのアクセサリーにしても、ご自身で使ってもOK♪

 

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

「サツパン2」
会期:2021年10月29日(金)-31(日)11-17時(最終日は14時)
会場:Continental gallery(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1階
地下鉄 東西線 西11丁目駅 出口2 徒歩3分)

入場料:330円・3日間共通券550円(前売・当日とも)

キタ・コトリ2021 with サツパン2 ご来場予定の皆様へ - inkonite いんこにっと

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

こぎんパンダの性別

上野動物園の双子パンダ。

オスメスの双子ですが、パッと見た感じでは性別はわからないですね(当たり前)。

今のところ、メスのレイレイの方が大きいのと、積極的にかまっていくのでそこで見分けています。

本によるとパンダは、オスは筋肉質でごつごつした体形、メスはむっちりした体形という違いがあるそうです。

ではこぎんパンダはどうしているかというと…?

f:id:kurosuke3796:20211016082823j:plain

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

こぎんパンダの性別ですが基本的に設定はしていません。

ですが、顔の雰囲気で何となくのイメージはありますが、

見た目と性別をイコールにしなくてもいいかなと。

 

この子はメンズっぽい。

好奇心旺盛で世界を旅するのが好きなパンダの設定。いて座的な性格?

f:id:kurosuke3796:20211016083418j:plain

 

アンティーク風に作ったからか「おじいちゃんパンダ」の設定でしたw

(おうち決まりました)

f:id:kurosuke3796:20211016083627j:plain

 

 

逆にこの子はフェミニンな印象。

優しい春の花をイメージしました。

f:id:kurosuke3796:20211016083443j:plain

 

こっちはちょっとコケティッシュな感じ。

イチゴ×チョコのスイーツをイメージしています。

f:id:kurosuke3796:20211016083550j:plain

 

この色だからどっち、というのではなく、雰囲気でご自分にぴったりくる子を選んでほしい。

名前やプロフィールは、一緒に過ごしていく中で決めていただければいいなと思っています。

★kogin*bear style 活動情報★ 

「サツパン2」
会期:2021年10月29日(金)-31(日)11-17時(最終日は14時)
会場:Continental gallery(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1階
地下鉄 東西線 西11丁目駅 出口2 徒歩3分)

入場料:330円・3日間共通券550円(前売・当日とも)

キタ・コトリ2021 with サツパン2 ご来場予定の皆様へ - inkonite いんこにっと

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

どうしてこぎん模様に天文や気象の模様はないの?

本気で誰か教えてほしいです。

こぎん模様は身近な自然を題材にしたものや伝統模様を基にしたのが多いのに、

どうして、天気や気象、天体に関するものはないんでしょうか?

 

雪や氷の塊を表す「四つこごり」くらいしか思いつきません。

ここは北国らしいなと思いますが。

 

しかし星とか月、雪の結晶や雨などの模様ってないですよね。

伝統の模様では「雪輪」はあるのに。

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

こぎん模様に「つぼみ」はあるんです。梅の花も。

左足の底の模様がつぼみ、右足が梅の花

f:id:kurosuke3796:20211020090536j:plain

 

f:id:kurosuke3796:20211020090642j:plain

 

でも、星を表す模様はないんですよね…

どうしてなんでしょう。

農具や民具の形から生まれた模様もありますし、着物に使われる伝統模様を取り入れた紗綾型や亀甲などもあります(形にする表現方法がすごい)。

 

こぎんが生まれた江戸時代にも星は見えたし、雨も雪も降りました。うーん…

わかる方がいたら教えてほしいです。

 

そんなわけで、「つぼみと花」そして「夜空と星」をテーマにしたこぎんパンダを作っています。双子で(笑)。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

「サツパン2」
会期:2021年10月29日(金)-31(日)11-17時(最終日は14時)
会場:Continental gallery(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1階
地下鉄 東西線 西11丁目駅 出口2 徒歩3分)

入場料:330円・3日間共通券550円(前売・当日とも)

キタ・コトリ2021 with サツパン2 ご来場予定の皆様へ - inkonite いんこにっと

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

【本の紹介】辻村深月『ツナグ』(新潮社)

本の紹介は別のブログでしているのだけど今回はこちらでも。

 

今年の夏に読んだ小説に辻村深月『ツナグ』(新潮社)がある。

新潮文庫夏の百冊をきっかけに読みました。作家自体は『かがみの孤城』で知りました。

 

亡くなった人と生きている人、お互いの希望が合えば一晩だけ、会って話ができる。

ツナグとは、その仲立ちをする人たちのことを言う。

「ツナグ」への連絡は運がよければつながり、運がよければお互いの希望があって死者と会えることになる。つまり「奇跡」。

 

誰かを亡くした人にとって、もう一度会いたい、話したいと思うこともあると思う。

伝えたかったこともあるだろうし、聞きたかったこともある。

逆に、会うのが怖いというのもあるかもしれないけれど。

 

亡くなった後も、自分のことを覚えていてくれる人はいるのだろうか。

ずっと後になって、自分のことを興味を持ってくれる(つまり歴史に残っている)人はいるのだろうか。

(私が思ったのはこちらだったのだけど)

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

オーダーいただいた製作をしていて、思い出したのがこの小説でした。

大切な人を亡くした人の気持ちはそれぞれでその人にしかそのつらさはわからないと思う。

だから、この本を読んでほしいと簡単に勧めることはできない。悪いことはもちろん書いていないのだけれど、かえって傷が深くなってしまうこともあるかもしれないから。

でも何かの拍子に気が向いたら、こんな本があったなと思い出して手に取ってみたら、なにかあなたの中で起こるかもしれない。

最後まで読めなかったとしても、それはまだそのタイミングじゃなかったということ。

しばらくそっとしておけばいい。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

「サツパン2」
会期:2021年10月29日(金)-31(日)11-17時(最終日は14時)
会場:Continental gallery(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1階
地下鉄 東西線 西11丁目駅 出口2 徒歩3分)

入場料:330円・3日間共通券550円(前売・当日とも)

キタ・コトリ2021 with サツパン2 ご来場予定の皆様へ - inkonite いんこにっと

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/