こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

コレクションしたくなる、大人のための心のともだち。青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

テーマがローカルなこぎん刺しハイイロウサギ

製作過程を告知していくはずが

その日まもなく縫いあがったこぎんウサギ(笑)

 

グレーに白を合わせたデザインで模様未定で…と思いついたのですが、

ふとしたきっかけで(本当に何だったかわからない)冬の海Ⅱにしようと思いついて

北海道の冬の日本海をテーマにしたウサギに仕上げました。

 

裏テーマとして有島武郎の「生れ出づる悩み」があります。

北海道岩内町出身の洋画家・木田金次郎をモデルにした小説です。

画家になることを望みつつも生活のため漁師をしながら描き続ける。

小説にも、また木田金次郎自身の絵画にも海や港町の景色は描かれています。

 

このテーマが決まってからが早かったですね

普通にハイイロウサギとしてかわいがってもいただけます

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

こぎん模様はこちら。「糸柱入り花この雷紋囲み」。

鉛色に見える海の向こうに見える岩内の名所「雷電岬」にちなんで決めました。

 

ウサギの首飾り、ガラス玉に縄をまいた浮き球をイメージしたのだけど、本当はビー玉にコードで再現する予定でした。
しかしやり方がよくわからずどうしようかと思ったところで(天然石やマクラメなどで)、こぎん模様に「アミノフシ」があったのを思い出して使ってみました。

 

浮き玉について↓

asaharaglass.com

この子は来週初めにも出品予定です。

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展予定】

■第5回こぎんcafe祭
会期:2022年11月12日(土)-13日(日) 
会場:成増アートギャラリーA 
(〒175-0092 板橋区成増3-13-1 アリエスビル3階)
入場無料

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

【新作】総刺しこぎんクマ クリスマスツリー

ゆるーく

地味ーに

総刺しこぎんクマが1体完成しました

 

この子は裁断をしたのは数か月くらい前、

こぎん刺しが終わったのもそのくらいになる?

で、デザインが何となくまとまらずそのままになっていたのですが

思いたって完成させることにしました!
f:id:kurosuke3796:20221006073221j:image

クリスマスにも似合う、グリーンのクマです。

でもこの子、胴体のこぎんが何か違う?

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

胴体が違うのは、別の子に使ったからです。

こちらの総刺しこぎんクマに使ったのでした。

 

今回完成したクマの胴体部分。

「疋田」という模様ですが微妙に間違っています…どこかわかるでしょうか?


f:id:kurosuke3796:20221006073234j:image

一部、普通に「花この連続」になっているのですよw

 

この子は納品予定で進めています。

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展予定】

■第5回こぎんcafe祭
会期:2022年11月12日(土)-13日(日) 
会場:成増アートギャラリーA 
(〒175-0092 板橋区成増3-13-1 アリエスビル3階)
入場無料

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

黒薔薇ナイトメア製作中

資材探しに難航しましたが何とかまとまってきました。

テディベアとこぎん材料は概ね決まっていて、あと飾りなどサブで使う材料がなかなかイメージ通りのがないということは結構あります

前はもっとチャームとかビーズとか豊富で、ゴスっぽい感じやスチームパンクなティストのものもあったんですが最近見かけなくなりました…

黒レースとか見かけなくないですか? あってもメーター単位とかでちょっとだけ使いたいときに不便。

セ●アにはあったけどあまり使いたくなくて…
f:id:kurosuke3796:20221004135018j:image

なんだかんだ苦戦しつつ進めました。

耳の黒い部分はこぎんではありません。黒レースを重ねています。

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

「黒薔薇ナイトメア」というテーマで新作の総刺しこぎんクマを作りはじめまして。

周りのパーツをいろいろ決めて行っているところです。

ハロウィンに近いけどイメージはあくまでゴス風

kurosuke3796.hatenablog.com

 

パッケージはこんな感じに。
f:id:kurosuke3796:20221004135034j:image

黒薔薇です。

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展予定】

■第5回こぎんcafe祭
会期:2022年11月12日(土)-13日(日) 
会場:成増アートギャラリーA 
(〒175-0092 板橋区成増3-13-1 アリエスビル3階)
入場無料

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

向き不向きは表面的にはわからない場合もあると思った話。

この前、「ルーティン」に関する記事を書いていて

向き不向きって表面上では決められないなと感じました。

ある程度決まった時間で行動するのが居心地よくても、

人に時間を決められるのが嫌だからです。

その記事についてはこちら↓

kurosuke3796.hatenablog.com

 

住む場所についても同じことが言えると思います。

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

私はインドアでそれほど人と交流なくても平気な性格で、人混みが苦手です

都会より地方で暮らす方が幸せなのかと考えた場合、答えはNOだと思ったからです。

(考えてみれば今まで住んでいた場所も札幌や弘前など規模の大小はあっても都市部。東京も場所によってはそれほど都会でもないし、ある意味住みやすいと感じます)

 

都会ならインドアが一人でできる娯楽はたくさんあります。

徒歩で駅前まで行けば図書館も駅ビルもカフェもあります。電車で数十分出かけたらもっと大きな商業施設や美術館、映画館、イベント会場などよりどりみどり。

一人で行ってだれとも口をきかなくても余裕で遊べます。車がなくても問題ありません。

 

ですが地方の場合はそうはいかないのです。家の近所には山しかなくて、ちょっと何かが欲しいというだけでバスか車で数十分かけて繁華街に出かけないといけません。

引きこもってできる娯楽がスマホのみという事態になってしまうかもしれません。

(それでもいいという人もいるかもしれませんが)

 

ちなみに、コロナ禍で地方移住が話題になりました。

年齢性別関係なく、地方移住するのに下記3つの条件は必須だと思うんです。

(ただし未成年は自分の意志で地方移住はまずないと思うので除外。山村留学みたいな場合でも保護者はいるはずなので)

・車の運転免許

・最低限の家事、DIYスキル

・人間関係を円滑にするうえで最低限の常識やマナー(挨拶や気遣いなど)

 

一番最後が一番大事でしょうね…

都会で暮らすなら隣の人とあいさつしなくてもとりあえず何とかなります。

でも地方だと、隣近所の人間関係が避けられないことがあるので。

 

ただ地方と一口にいっても、地方都市から過疎地までいろいろなので、自分の生まれ育った環境などを参考に、どのレベルなら暮らせるのかを考えておく必要はあると思います。

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展予定】

■第5回こぎんcafe祭
会期:2022年11月12日(土)-13日(日) 
会場:成増アートギャラリーA 
(〒175-0092 板橋区成増3-13-1 アリエスビル3階)
入場無料

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

黒薔薇ナイトメア

題名。何?と思われるでしょうが新作のタイトルです。

総刺しこぎんクマになります。

 

色味は紫と黒、メインは紫で胴体が黒。

紫に胴体(腹)が黒、と言って誰かを連想した方もいらっしゃるかもしれません。

隠しテーマとしては正解です。

首飾りには黒の薔薇的なものを考えています。

 

こぎんは黒生地に紫。

模様はこちら。

紗綾型、も隠しテーマのヒントです。

地味にこちらと迷っています

 

あまり乗らないですが、ハロウィンっぽい感じになるかもしれません。

色合いのイメージとしてはこんな感じが一番近いです

この紫、なかなか画像だときれいに撮れないんですよ。

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

黒と紫の組合せはわりと好きです。

ゴスロリティスト、ハロウィン、ANNA SUIなどが好きな方にはツボなデザインに……なるかもしれません。

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展予定】

■第5回こぎんcafe祭
会期:2022年11月12日(土)-13日(日) 
会場:成増アートギャラリーA 
(〒175-0092 板橋区成増3-13-1 アリエスビル3階)
入場無料

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

ルーティン(はてなお題)

今週のお題「マイルーティン」

ルーティン。ですかー

ブログやSNS更新が大体ルーティンになっています。

インスタが大体6:30,ブログは8時前後に更新

Twitterも基本は1時間おきに発信(実はタイマー)。それ以外は随時。

これがルーティンかなと思います。



おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

もちろん決めた時間以外に発信してはいけないということはないので、書きたいことができたら投稿することはあります。

大事なのは時間を決めて用意しておくことで、忘れずに毎日発信できるということ。

 

SNS更新は毎日するのがいいですが、時間を決めた方が見る方も発信する方も楽だからというのはあります。

この「発信は毎日するのがいい」かどうかについては賛否もあると思います。

2,3日置きで質がいいものを発信する方がいいという意見もあるし、ものによっては週1,月1などでも大丈夫な場合もあるでしょう。

私はそんな中で毎日発信した方がいいと決めてずっと続けています。

 

自分が楽しくないと書けないというのも事実です。

おなじ新作報告をするのでも、自分が楽しく調子がいい時と休息が必要(だけど休めないからやってる)な時や、違うことをしたい時とではノリも違うし、たぶんアクセス数も違うと思います。

 

これ以外でも、食事の時間や就寝時間、入浴時間等はおおむね決まっています。なのでほぼ毎日がルーティン。

時間に縛られることはない生活ですが、時間を自分で決めて行動するのが一番性に合っているみたいです。

(集団行動は苦手なので、他人に決められるのは無理みたいです。)

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展予定】

■第5回こぎんcafe祭
会期:2022年11月12日(土)-13日(日) 
会場:成増アートギャラリーA 
(〒175-0092 板橋区成増3-13-1 アリエスビル3階)
入場無料

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

10月も新作出品予定です

10月になりました。

先月はオーダーも含め、たくさんご注文いただきありがとうございます。

ですが納品などが進んでいない部分もあり、計画性も必要と思った次第です。
f:id:kurosuke3796:20221001074850j:image

完成間際の全身総刺しこぎんクマ。このあと茶色もできます

 

 

おはようございます。

こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

ある程度作りたいものや作るものがたまってきたら、現実に合わせて整理をしながら作業を進めています。

それでも、今作りたいものと必要なもの(イベント準備や納品など)だと、どうしても作りたい方を優先してしまうこともあります。

そういうあたりがバランスが悪いのかなと思うのですが…

 

今月はオーダーの仕上げから始まり、イベントに向けてこぎんウサギも増やしつつ、茶色の全身総刺しこぎんクマも作りたいなと思っています。

ネットショップにも追加できるようにしますので、よろしくお願いいたします。

 

昨夜思いついたこぎんウサギのデザインが冠城亘ウサギと同じ色だった件…

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★ 

【出展予定】

■第5回こぎんcafe祭
会期:2022年11月12日(土)-13日(日) 
会場:成増アートギャラリーA 
(〒175-0092 板橋区成増3-13-1 アリエスビル3階)
入場無料

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。

https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。

https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52

http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

 

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style

https://koginlab.jimdo.com/

(English only)

 

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪

https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/