こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

【新作】全身総刺しこぎんクマ うろこづくし

若武者のように、さわやかで凛々しいクマができました。

夏をイメージした感じにしたくて、青、緑系の生地を使いました。
f:id:kurosuke3796:20200526075819j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

こちらのこぎんクマ、昨日ブログで紹介した6種類のこぎんのうろこ模様を使っています。 

kurosuke3796.hatenablog.com

 

こぎん模様には、同じ名前でも形が違うなど、バリエーションが豊富です。

オリジナリティを出そうと、糸目を入れたり形を少し変えたりしたからかもしれません。

 

何よりポイントはこの三角形の連続!

うろこ型は龍や蛇のうろこをかたどった模様で、三角形の連続であらわされることが多いです。
f:id:kurosuke3796:20200526075856j:image

 

冬をテーマにした「白い道」(右)と一緒に。

こちらはおうちが決まりました。うろこづくしは昨日からiichiでおうち探しを始めました。
f:id:kurosuke3796:20200526075939j:image

 

www.iichi.com

 

同じ模様をそろえたシリーズ、これからも他の模様でも試してみたいです。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

うろこづくし。~新作紹介予告

こぎん模様には、同じ名前がついていてもバリエーションが様々だったり、

同じ模様でも違う名前がついていたりします。

日本の着物の柄には「花尽くし」「宝尽くし」など、同じ種類の模様を集めた図案があります。

それの応用で「うろこ型」だけを使ってこぎんクマを作ろうと思いました。
f:id:kurosuke3796:20200523160452j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

その「うろこづくし」に使ったうろこ模様を紹介します。

 

ひたすら三角形を刺したタイプ。

偶数で展開するのでこちらは刺しやすかった。

f:id:kurosuke3796:20200522173601j:plain

 

結び花とうろこ型の連続。

顔のように見えるのが「うろこ型」のようです。

f:id:kurosuke3796:20200523162911j:plain

 

 

実は指すのが一番難しい…うろこ型。

最初のと同じ三角形の連続なのですが、こちらは奇数なのと囲みがあるので向きに気を使います。

f:id:kurosuke3796:20200523162856j:plain

 

 

「 裏うろこ型の花こ流れ」

十字型のようなうろこ型の模様です。

f:id:kurosuke3796:20200523162836j:plain

 

古作の画像を参考に描いた模様。

中央が「裏うろこ型」です。

f:id:kurosuke3796:20200523163006j:plain

 

もどこの画像がありませんでしたが「うろこ形の花つなぎ流れ」

上2点の「裏うろこ」を表にした形です。

f:id:kurosuke3796:20200523163256j:plain

【キーホルダー】こぎんの妖精・うさこぐま くろしろ | iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販

 

こちらも模様だけのがなかった「うろこ型の連続」

f:id:kurosuke3796:20200523165424j:plain

こぎんオーナメントベア うろこ形の連続 | iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販

 

ここまで上げた模様を使って新しい全身総刺しこぎんクマを作りました。

今日、iichiで公開する予定です。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

津軽らしいこだわりのつまった、こぎんクマ

つしま畳店さまの津軽塗畳縁を使ったこぎんクマ。

3体のうちラスト1体はこちら。

黒が渋めです。

そして、こちら側に見えている顔の横側は裏模様を使っています。

こぎん刺しの裏模様、ユニークだし美しいです。
f:id:kurosuke3796:20200523084721j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

顔の両側をこぎん刺し、頭の中央を畳縁にしました。

普段のタイプとは逆です。


f:id:kurosuke3796:20200523084733j:image

 

通常のだとこちらの赤い子、顔の両側が畳縁、中央がこぎん刺しですよね。

上の写真を見るとわかりますが、片方の足底は赤い子のボディと同じ畳縁。

少し余ったので、リンクさせるように使いました。


f:id:kurosuke3796:20200523085347j:image

さらにいうと2体とも、腕の内側が同じ紫のこぎんを使っています。

さりげなくリンク!

 

 反対側から見ると、津軽塗模様の装束を着た貴公子のようにも見えます。

縁側で笛を奏でる貴公子の雰囲気から、「横笛」と名付けました。

赤い子と並べて飾っても素敵です。


f:id:kurosuke3796:20200523084748j:image

 

www.iichi.com

津軽塗の名称になったのは近代に入ってからで、江戸時代には「唐塗」の名称で出てくる記憶があります。当初はさやなどの武具などに漆を塗っていたのですね。

このクマに使われている畳縁の模様が「唐塗」ですが、最も広く漆器などに使われている模様のようです。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

信念~畳縁こぎんくま製作裏話。

私は周りの環境に左右されにくいタイプかもしれない。

また、新しいことを取り入れるのにそんなに抵抗がないかもしれない。

そんなことを今回のコロナで思いました。


f:id:kurosuke3796:20200523073507j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

テレビを見ないからというのはあるかもしれませんが、

そんなに怖いとかパニックとかはありませんでした。

身の回りで実際、特に何かが起こったという実感もないですし、

不安で仕事ができなくなったということもありません。

 

毎日、時間ごとにすることを記録しているのですが、

平日でも休日でも、ほぼいつもタイムスケジュールは変わらないです。

 

子供の時から一人で過ごすことが多かったから、自分ですることを決めて行動するということが当たり前なのもあってこうなのかもしれません。

(悪く言えばマイペースというか空気が読めないといえるかもしれません。

面倒が嫌いなので、そもそも他人の迷惑になることは避けて動いてはいますが、

集団の雰囲気を読んでなんとなく合わせて行動するのは苦手です)

 

またイベントがなくなったり、材料を買っている店舗などが休業になったので、

オンラインショップを利用したり、ある材料を使って作るというように、

方法を一部変えたところもありました。

こういう風に、必要に応じて変えていくことにあまり抵抗はないほうです。

 

作業工程に関しても、新しい材料を使う時は作りながら試行の連続です。

素材を手に取ってみたら大体どんな感じかはわかるし、普段の方法が使えないこともあるんです。

 

つしま畳店さまの津軽塗畳縁を使ったこぎんクマシリーズ。

こちらの畳縁は、接着芯やアイロンはNGとのこと。

素材を見たところほつれる心配が少しありました。

型紙をとらないといけないのですがどうしようと考えて、

裏写りしないことを確かめて、細いマジックペンで直接書いていきました。

私の縫い目はとにかく細かいので縫えればほつれる心配はないと思いますが、

念のためほつれ止めの処理はしました。

 

裁断、縫製すると心配するほどほつれてはこなかったのですが、

表に返すのが、固くて大変…

工具を使うと表面はこぎん部分も畳縁部分も乱れてくる可能性があります。

 

こぎんの生地を薄くして、耳などで隠れる部分を引いて目立たなくしました。

(そもそも思ったより乱れなかったです)

耳の裏もほつれないかもしれないと思って、耳にも畳縁を使いました。
f:id:kurosuke3796:20200523073526j:image

 

この津軽塗の模様は「唐塗」といって漆器に使われる代表的な模様だそうです。

 

 

 

www.iichi.com

 

同じ唐塗りの畳縁で黒もいます。

 

www.iichi.com

 

模様とはいえ、津軽塗でテディベアを作れるとは思いませんでした。

これからも、既成概念を壊した作品を自分のペースで作っていきます。


f:id:kurosuke3796:20200523082711j:image

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

津軽塗がテディベアに?! 津軽塗畳縁×総刺しこぎんクマ

津軽を代表する工芸のこぎん刺しと津軽塗(ほかにもいろいろあります)!

その二つを取り入れたテディベアが生まれました。

津軽らしさ全開、和の雰囲気も楽しめます!

 

寝そべっているタイプです。全長約9cm。
f:id:kurosuke3796:20200522064323j:image

 

手をちょっと立てればハイハイにも見えるかも!?

お子様お孫様の健やかな成長を願って。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

え、津軽塗って漆だよね? 縫えないよね?

そこは畳縁を使いました!

弘前市にあるつしま畳店さまのオリジナルの畳縁でこぎんクマを作ったのでした。

畳縁は畳の縁を摩耗などから守ったり敷いたときの隙間を埋めたりするもの。

↓この画像のミニ畳の周りにあるのがそうです。
f:id:kurosuke3796:20200522064339j:image

 きれいな唐塗の模様が出た畳縁。畳に使っても素敵だと思いますが

クマになりました!

 

本当は黒に合わせて色を抑えて渋めに…と思ったのですが、

金や緑、赤の模様に合わせて華やかにした方が素敵では? と思って、

とにかくいろいろな色を使いました☆

それも、耳の裏や腕の内側などは、すでに刺してあったこぎんのハギレを使いました。

あるものを活かしてロスなく!

iichiでおうち探ししています。

www.iichi.com

 

この畳縁シリーズ、刀や笛のように銘があります。

テーマの「稲妻」は、このこぎん模様からとりました。

「糸柱入り花っこの雷紋流れ」。

ラーメンどんぶりで知られる(笑)雷紋は、雨をもたらす稲妻をかたどったものといわれます。古作を組み合わせたオリジナル模様です。
f:id:kurosuke3796:20200522064352j:image

 

コロナの外出自粛で弘前に行けなかった方、帰省できなかった方。

代わりに青森らしい要素たっぷりのこぎんクマをお迎えしてみませんか。

津軽塗シリーズ、全3種います。どれも同じものはない1点もの。 

(※1体はおうちが決まりました)

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

緊急事態宣言の解除・継続に思うこと

39県では、緊急事態宣言が解除され、

残りの8都道府県でも緊急事態宣言について何らかの判断がなされる見込みですね。 

(関西は解除、北海道と関東は継続が濃厚とか)


f:id:kurosuke3796:20200521074539j:image

 

コロナで大きく生活環境が変わったという方も多いと思います。
外出が思うようにできなかったり、仕事に影響が出たり、
予定していたことをキャンセルせざるを得なくなったり。
苦しい思い、つらい思いをしてきた方も多いかもしれません。

 

その一方で、在宅勤務になって自分で時間をコントロールできるようになったとか、
職場の苦手な人に合わなくなって気が楽になったとか、
何となく外出して何となく買い物をすることがなくなったとか、
細かいメリットも出てきて、「これはこれでよかったかも」と思うことも増えていませんか。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

私も12月で会社を辞めて1月から家で作家の仕事だけにした矢先に、
コロナでイベントが相次いで中止になり、委託先も休業等影響が出ました。
幸い、ネットショップはある程度続けていたので、
そちらを頑張って力を入れているところです。

文字や写真で何かを伝えることは苦痛ではなく、むしろ自分に合っているようなので、より効果的になるように頑張っているところです。

 

逆に、人混みに出るのが苦手だったり、たくさんの人と接することに気後れしてしまうので、リアルのイベントより、オンラインに主力を置いていきたいなと考えています。

 

とはいえ、実際に人と会うことを無にはできないもの。

私の場合は弘前と東京で仕事をしていましたが、
弘前は、直接行くことは、しばらくは無理ではないかと考えています。
だからリアルでは近くでのつながりを強めていく時なのではないかと。
ゆるく小さなつながりをいくつも作っていくのがいいような気がしています。

 

外出自粛が解除になっても、しばらくは
「家でできること」を基本に物事を進めていくようにしたいと考えています。

 

これから、外出自粛が解除になると、
「待っていました!」とばかりに活発に動く人がいる一方、
急に動き出すように感じられて、ついていけなくなる人も出てきそうで心配です。


とくに学校に通う子供たちや新入社員の人は、急激に、新しい環境に適応しないといけなくなります。
通常であれば徐々に慣らしながらのところを仕事や学業も一気に忙しくなります。

それ以外の人も、一度に社会が動き出して忙しくなるかたも多いのではないでしょうか。

実は私も、そんな不安を抱えるひとりではあります。
製作を通じてですが、少しでも寄り添えたらと考えています。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

雲立涌とこぎん

日本の有職模様に「雲立涌」という模様があります。

蒸気が立ち上り、雲が湧く様子を表した有職模様とのことです。

雲立涌文様について | 日本服飾史

 

こぎん刺しにも、縦に展開する模様はあります。

こちらは「変形結び花の建枠」といわれる模様ですが、

日本の伝統模様の「立涌」に展開の形が似ているように思います。


f:id:kurosuke3796:20200520074317j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

こぎん模様には、伝統模様を取り入れたと思われる模様はいくつもあります。

卍を崩した紗綾型もそうですし、てこな(蝶)、だんぶり(とんぼ)も伝統のモチーフに由来する模様です。

こちらは三角形を並べたうろこ型。

f:id:kurosuke3796:20200128163631j:plain

 

こぎんの縦模様は、上で紹介した「変形結び花の建枠」は全体に刺してもいいですし、

一部分だけ、枠のように模様の端の方に刺すのもよいと思います。

しおりやバッグの持ち手を作るときにも取り入れてみるのもよいですね。

 

今、少し余った生地を活用する取り組みもしているので、

紹介していければと思います。

 

そして結び花の建枠模様を使った新しい子を製作中!

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/