こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

うし! kogin*bear style十二支シリーズ

 kogin*bear style十二支シリーズ完結しました。

オーダーいただいた分はすでにお届けし、

「宝物になりました」と喜んでいただけました。

 

私も、製作の世界観が広がりました。

龍とかヘビとか、どうやって作るんだ!? という動物もいましたが、

昔作った型紙を応用したり、組み合わせたり。

本当に、今まで作ってきたことすべてを出すようにしてデザインを考えました。

 

特に、総刺しこぎんクマシリーズは目鼻がなく、フォルムだけで伝えるシンプルなデザイン。

中でも、それぞれの動物が識別できるように、

「この動物と言ったらこの特徴!」というのをつかんで表すことを大事にしました。

サイズなど全体に統一感を持たせたのもこだわりです。

 

で、この十二支シリーズは、個別にオーダー製作という形で承ります。

 

↓こんな感じで↓複数体並べるのもかわいいです。

ご自分とご家族の干支を一緒に飾ったり、結婚のお祝いなどにもそれぞれの干支を贈るのもいいかもしれません。
f:id:kurosuke3796:20200807075722j:image

現在、iichiでは子と丑まで出品しています。

これから続きも出ていきます。1日おきくらいかな。

 

さて…2020年も半ばになったとはいえ、だいぶ気が早いですが、来年は丑年。

昨夜、ホルスタインタイプの牛をiichiで出品。

首にベルをつけたらより雰囲気が出ました。
f:id:kurosuke3796:20200807075740j:image

 

こぎん模様はべこ刺し。

ですが腕には「花こ」を使って、ホルスタインのぶちを表しました。

f:id:kurosuke3796:20200807081925j:plain

【受注製作】こぎん刺しの十二支ぬいぐるみ・丑 | iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販

 

ネズミ(子)はこちら。

www.iichi.com

 

注文いただいてから製作しますので、少し日数がかかります。

贈り物などにお考えの場合はお早めにどうぞ。


こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろでした。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

ねぷたを作ってみた!

今年のねぷたまつりは中止になってしまいましたが、弘前ねぷたペーパークラフトがあります。

こちらのサイトで、下の方にスクロールすると3種類ダウンロードできるPDFがあります。

www.hirosaki-kanko.or.jp

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

遅ればせながらですが作ってみました。

1時間かからず完成します。お子様と一緒に作るのもいいですね。

 

切り取って紙を折ってノリでつなげるだけ。

細かい部分もあるので両面テープやセロハンテープなどあると便利かもしれません。

印刷は、写真印刷用の紙を使いました。普通のコピー用紙よりも少し厚いです。

 

中に小さな懐中電灯や、火を使わず電池で灯すキャンドル(百均にあります)を入れるとより雰囲気が出るかもしれません(※熱を持たないか注意してください)。


f:id:kurosuke3796:20200805162950j:image

折角なので中にも人(クマ)入れました。


f:id:kurosuke3796:20200806080049j:image

 

このクマ、トイレットペーパーの芯をねぷたの中に入れて載せています(笑)。


f:id:kurosuke3796:20200806080111j:image

一緒に写したのは津軽塗模様とこぎん刺し模様の畳縁を使った総刺しこぎんクマ。

下に敷いてあるのは、津軽塗折紙。

弘前のつしま畳店さんの畳縁です。弘前らしさをより演出しました。

クマたちはそれぞれ、minne,iichi出品中。

津軽塗

こぎん刺しのテディベアS 畳縁の総刺しこぎんクマ 津軽塗・朱 | ハンドメイドマーケット minne

津軽塗

こぎん刺しのテディベアS 畳縁の総刺しこぎんクマ 津軽塗・黒 | ハンドメイドマーケット minne

こぎん模様

https://www.iichi.com/listing/item/1855629

 

 

 

なお、写真をSNSに投稿するコンテストもあるみたいです。

omatsurijapan.com

 

弘前にはしばらくいけないので、少しでも気分を味わえたらと思います。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

北海道らしさを持った津軽のこぎん刺しのぬいぐるみ。

オーダーいただいていたkogin*bear style十二支シリーズが完結しました。

それぞれについては、別途紹介しますが(カテゴリ「十二支シリーズ」でも何体かすでに載せています)、

今回は北海道らしいぬいぐるみがたくさん生まれたようにも思います。

 

私は札幌生まれですが、正直北海道らしさというのはあまり感じずに来ました。

地名はアイヌ語由来ですし、北海道弁も多少はあります。

ですがアイヌとのかかわりも薄いですし、都市部なので酪農や漁業など、北海道の産業にすごくなじみがあるというわけでもありませんでした。

ヒグマはよく出るけど。

 

こぎん刺しで津軽らしさはありつつも、本当は北海道出身なのに作品に反映されていないことが何となくずっと引っかかっていました。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

ウシはホルスタインにしました。

ヒツジも、羊ヶ丘とかジンギスカンのように北海道らしいモチーフ。
f:id:kurosuke3796:20200802073149j:image

 

 

こぎんの午は道産子がモデル。

手足が短めで、首が太いです。

首の鈴は、馬車鉄道の馬鈴。
f:id:kurosuke3796:20200805072840j:image

 
十二支シリーズ、オーダー分は今日お届け。

そしてそのあとは順番に受注製作を承ります。

 どうぞお楽しみに!

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

駅のスタンプラリークリア!

突然ですが、私のストレングスファインダーは下記の通り。
・戦略性
・内省
・収集心
・目標志向
・達成欲

私はスタンプラリーが好きなのもこのあたりに理由があるかと。
つまり。
スタンプを集める収集心、効率よく集める計画を立てる戦略性と目標志向、どれだけ集まったかが目に見えてわかる達成欲。

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

朝のうちにするべきことを済ませて、昨日はオフ! と称して
「駅のスタンプラリー」を回ってました。

これは首都圏の駅のスタンプが新しくなった記念で、8月16日(賞品引き替えは翌17日まで)まで対象エリアで開催中。

京浜東北線、山手線、埼京線総武線常磐線などが対象。

f:id:kurosuke3796:20200803164134j:image

このように、上野、高輪ゲートウェイ千駄ヶ谷は押捺必須、他は対象エリア内の駅から12駅のスタンプを捺すというもの。

その上で、ゴールとして指定された大井町、市ヶ谷、池袋、亀有のいずれかの駅のニューディズでSuicaを使って500円以上買い物すると賞品の鉄道花札がもらえるというもの。

 詳しくは(※PDFになります)

https://www.jreast.co.jp/press/2020/tokyo/20200708_to01.pdf

 

並行してスタンプ帳も捺してきました。

f:id:kurosuke3796:20200803164312j:image

このスタンプ帳とクリアファイルは対象のニューディズやブックエキスプレスで買えます(大井町、品川など)。

詳しくは⬇

https://www.j-retail.jp/newdays/info/detail.html?id=3896

大森~田町はすでに捺してあったので、まず一日乗車券「都区内パス」(760円。普通、快速、普通車自由席が乗り降り自由)を買って、蒲田と浜松町へ。


ちなみに期間内に都区内パスを買ってその日のうちに窓口で駅係員に見せると、高輪ゲートウェイ駅開業の記念品がもらえます。数に限りがあるらしいです。


f:id:kurosuke3796:20200803165043j:image


新橋、有楽町、人混み回避と時間節約のため東京はスキップして神田、秋葉原御徒町、上野へ。
パンダも撮影。

f:id:kurosuke3796:20200803164152j:image

ジャイアントパンダの表示に向かって歩くと、…上野動物園はありません(笑)。

f:id:kurosuke3796:20200803164213j:image

上のぬいぐるみのパンダがあります。

 

上野から山手線に乗るはずが快速運転中の京浜東北にのったため、鶯谷から西日暮里がありません。。
田端で山手線にのり、巣鴨で早めのお昼を食べました。
三田線沿いに住んでたので巣鴨は懐かしいです。

さらに、目白、高田馬場、新大久保と降りながら代々木まで。池袋と新宿は混むからスキップ(笑)。

代々木から総武線にのりかえて、千駄ヶ谷で必須のスタンプを捺してクリア、各駅で降りて捺しつつ、ゴールの市ヶ谷へ。

濠沿いの総武線は気持ちがいいですね。


ゴールの条件で、ニューディズで500円以上Suicaで買い物する必要があるのですが、水とか塩飴、汗ふきシートなど熱中症対策用品を購入(笑)。…梅雨明けして30℃超えなので大切です☆
無事にてつふだこと鉄道花札ゲット。


f:id:kurosuke3796:20200803164050j:image

総武線御茶ノ水まで行き、東京行きの快速に乗ってスキップした東京のスタンプも捺しました。

密になることはなく快適に回れました。

必須の千駄ヶ谷とゴール駅の市ヶ谷には数人いたくらいです。

スタンプ帳自体は、期間が終わっても捺せるので、今回捺せなかった駅なども後日捺してこようと思います。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

十二支シリーズスピンオフ 馬~夏の思い出

北海道の山の夏を思わせる白馬ができました。

空や草の色、遠くにけぶる山、ラベンダーの花。

東山魁夷の絵にありそうな、白樺の林から姿を現しそうな、高原の夏をぎゅっとつめた、さわやかな色のクマ…じゃないウマ(笑)。 

f:id:kurosuke3796:20200802073209j:plain

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

首に鈴をつけています。

馬なのになぜ鈴!? と思われるかもしれませんが。

札幌の馬車鉄道の馬鈴の連想です。石切山で取れた札幌軟石の中心部への輸送のために計画された鉄道です。大正8年に廃止されて今は市電もしくは国道になっています。


f:id:kurosuke3796:20200802175440j:image

 実際は首ではなく、胴体部分についています。

北海道の盆踊り「北海盆踊り」の合いの手も、この馬鈴の音といわれています。

 

ということで、馬は道産子をモデルに作りました。

首は太目で手足は短いです。

これから普通の色の馬をつくります(笑)。

ちなみにこぎん模様はもちろん「馬の轡」。

夏山の色合いを意識して刺しました。
f:id:kurosuke3796:20200802205506j:image

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

いのしし! kogin*bear style十二支シリーズ

十二支シリーズ、十二番目の干支イノシシ。

(順不同に紹介しています…ブログカテゴリからすべてご覧いただけます)

 

十二支の動物を決める際に、足の速さを過信して出遅れて十二番目になったといわれるイノシシですが…

こんな感じになりました。
f:id:kurosuke3796:20200802075340j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

短めに起毛したモヘアで、荒い毛を表現しました。

白いキバも。
f:id:kurosuke3796:20200802075414j:image

 

しっぽもちょこんとあります。
f:id:kurosuke3796:20200802075447j:image

 

なんといっても特徴は手足の形。

これは初期のこぎんクマ(画像右)がこの形で、蹄を表すのにこの形を使いました。

2011年誕生の初期モデル「くろすけ」です。
f:id:kurosuke3796:20200802075359j:image

 こんな意味でも、十二支シリーズは今まで作ってきたものの応用という感じがします。


f:id:kurosuke3796:20200802075502j:image

 

こぎん模様は「豆こと花この連続」 。

「亥」には、生命の源が凝縮された種という意味があるそうなので、種…豆こを選びました。

f:id:kurosuke3796:20200727073327j:plain

 

イノシシの応用でできたブタさんです。

キバがないのと、耳の形が違います。
f:id:kurosuke3796:20200802075536j:image

 

www.iichi.com

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

こうきたか!と見せたくて。

まずはお知らせです。

こぎん刺しの小鳥、おうち探しを始めました。

こんな状況下でも夢を叶えたい方、

光を見失わず、目標に向かいたい方…私もそうです。

そんな方のそばで、気持ちの支えになれたらという思いで作った小鳥です。

ペンギンのヒナみたいなちょっととぼけた雰囲気も魅力。

www.iichi.com

 

さて。

こぎん模様「猫の足」。これは裏模様です。

猫の足跡の模様ですが、裏から見ると浮かび上がるような肉球感が出ませんか!?
f:id:kurosuke3796:20200801074130j:image

猫の足というと、私が初めて総刺しをした模様でした。 

なんと2012年。このころは刺すのに時間もかかっていました。

たしかに大きいからかかるんですが…

kurosuke3796.hatenablog.com

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

この猫の足の裏模様を使ったトラがこちら。 

改めて紹介しますが、十二支シリーズです。
f:id:kurosuke3796:20200801074201j:image

 しっぽと顔の横、足底が猫の足の裏模様です。

トラの模様をこぎんでどうやって表現するかに悩みました。

普通に縞模様ならいろいろありますが、モチーフ(動物)と絡めたい。

トラというとネコ科最大の動物。

なので猫の足を使って…

縞模様を黒にするために、あえて裏模様を使ったのでした☆

 

これ、トラ柄の生地を使えば簡単だと思う。

でもそれじゃつまらない。

自分が使えるこぎんモチーフで工夫して表現するのが技のみせどころ。

普通のものを使って普通じゃない表現をしたいなと思っています。

トラ君の紹介はまた改めて。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/