こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

何が楽しくて生きているのだろう。

 東京に来てから季節を感じることがなくなった。

いや、感じようとしなくなった気がする。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

私の作る物は、季節感を反映しているはずなのですが、

日常の中で季節を感じることがなくなった気がします。

食べ物にも興味はないので、食で旬を感じることもなく。

 

(そのわりに季節の移ろいを読んだものが多い俳句や短歌、風景画などの美術が好きなのは不思議な限りですが)

タイトルの「何が楽しくて生きているのだろう。」

とは、上記のような事情で、つまんない人生と言われたことで、

そういえば何が楽しいんだろうな。間違いなく何かが楽しいのは事実なんだけど…と思ったので付けました。

 

季節感はないといっても、もちろん暑くなった、寒くなったと言うのは分かるし、日射しの加減でも季節の移ろいは分かります。

ただ、私が感覚として知っている季節感は、札幌と弘前のそれでした。

桜は5月に咲くし、11月になると雪の心配が出てくる。

こちらはグレーに白の糸で刺しましたが、

雪景色のようになりました。

梅の花の模様が雪の結晶のように見えて、降る雪を表すようです。

f:id:kurosuke3796:20181013075037j:plain

千鳥ヶ淵に花見に行ったり隅田川の花火大会を見たことはないし、

築地市場も一度も行かずに終わった。

あ、パンダは見たい(笑)。

東京都内で好きな場所はあります(台東区)。

 

活動の拠点は東京にしたいと思っています。

東京は色んな意味で、市場として大きいし、新しいものも入ってくる場所。

こぎん刺し、テディベアに限らず、色々な表現の可能性を探れそうだし、新しい観点からの需要も見出せそう、というのが理由です。

 

ここ数日、記事が展示の宣伝ばかりだったので、

違うことを書いてみようと思い書きました。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】
■2018年10月23日~28日「津軽のこぎんと刺し子展」
時間:10:00~18:00(最終日は16:00)
場所:浅草アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリーマーケット

https://www.amusemuseum.com/

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪