こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

優しい水彩画のようなこぎんクマ。

姉妹のイメージで誕生しました。

青の方のベア、津軽工房社様からiichiに変えて、

おうちさがししています。

 

座高7cmの小さなベアです。

こんな感じでお部屋のちょっとしたスペースに。
f:id:kurosuke3796:20200619081634j:image

 おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

姉妹の設定で誕生しました。本当はこの青が姉、ピンクが妹のキャラですが、

誕生順は逆で(笑)、青いほうがあとにできたので妹です。

 

濃い青に、ピンクと紫のグラデーションのこぎん刺し。

こぎん模様は「てこなこの花こ囲みの島田刺し流れ」。

古作模様から作ったオリジナル。

 

 津軽工房社様のグラデーションの手染め糸が優しくなじみ、

水彩画のような淡い色合いです。
f:id:kurosuke3796:20200620074516j:image

 iichiへはこちら。

こぎん刺しのテディベアS 総刺しこぎんクマ 花嫁 | iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販

 

タッセルはこぎん部分と同じ色。
f:id:kurosuke3796:20200620074531j:image

ピンクの方は津軽工房社様でおうちが決まったようです。

ということで、この青いベアの姉妹がどこかにいます。

市販の既製品のぬいぐるみなら同じシリーズのものを持っている人がたくさんいるのはありますが、1点ものの手作り品のシリーズだとなかなかないかもしれません。

この子を通して、誰かとつながっているかもしれない。

そう思うと、ひとりじゃない気がしませんか。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/