こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style

テディベア×こぎん刺し。他にはないテディベア、こぎん刺しのクマ雑貨を作ります。

んだすけまいね。

タイトルは、太宰治の小説「ダス・ゲマイネ」とはどういう意味かを論じた本に、津軽弁の「んだすけまいね(だから駄目なんだ)」から来ていると言う説を紹介して、さすがに駄洒落でタイトルは付けない、と書かれていたのを思い出したからです。

太宰治研究の書籍であることは確かですが、学生の頃に読んだ本なのでタイトルなど忘れました。

もう結論でたかも知れませんが。

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

「作家は得意なものづくりばかりしていてはいけない。営業など不得意な分野にこそ真剣に取り組まないといけない」

数年前にこう言う話を読みました。

まさにその通りだと思うんです。

 

共同経営者等がいたり、業務委託などができれば別ですが、基本的に一人で全て担う場合、どうしても自分の得意なことばかりに目が行きがちです。

 

作るのが大嫌いな人が自ら作家活動をすることは稀でしょうし、皆ものづくりは好きで得意なはずです。

自分の作りたい物ばかり作って売れなくてはやっていけないし、どうすれば売れるか、何が求められているのかを自分で見いだせないと続けるのは難しいです。

 

だからこそ、敢えてこぎん刺しやテディベアとは別のことに関心を持ったり勉強したりしています。

納期が迫っているときなどは、自分の事ながらバランスを取るのが本気で難しい。

ついできること、得意なことに流れそうになります。

しないといけない勉強があるのにこぎん刺していたり。。

 

何にしても、社会に関心を持つこと、仕事とて成立するにはどうしたらいいかを考えて行動することは長く続けて行くために不可欠です。

作家と言っても普通のビジネスマンと同じように、情報を集めたり必要なことを学ぶ姿勢は大事なんだなと思います。

と言うことを、さぼってるな…と感じたときに自戒をこめて考えました。だからだめなんだよ!と。

(ちなみに私がいま勉強しているのは簿記。11月受験を目指してます。展示もあるけど両立させます)

 

昨日紹介したうさぎの続き。

本体完成しました。
f:id:kurosuke3796:20180623064414j:image

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
-------------
★kogin*bear style 活動情報★
こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

【イベント】
★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/
■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html
■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せはメールからおまちしています♪