こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

あなのなかのくま(ショートストーリー)

切符はもう買ってあった。最寄駅に行って電車に乗り、新幹線の発車する駅へ行く。

最終の新幹線に間に合うまでのタイムリミットは迫る。

今から急いで出れば、まだ間に合う。

頭では分かっていたけれど、部屋から出る気分になれずぐずぐずしていた。

 

昨日で年内の仕事は終わり。解放感と疲れとでだらだらしながら片づけをしたり準備らしきことをしたり。早い話が、億劫だった。

これから人でごった返す駅にでかけ、通勤電車と変わらない混み具合の電車に乗り、

長い時間を新幹線で過ごし、到着した駅からバスに乗って実家に向かう。考えただけで面倒だ。

 

年末年始や夏休み、帰省というと誰にとっても嬉しいことであるかのように報じられる。義実家とのあれこれや実家の物の整理など面倒な、人によっては深刻な問題すらも、喜ばしいものであるかのように言われる。

にもかかわらず、私には「故郷に帰れる」という嬉しさはすでになくなっていた。

つまり、居場所がないのだ。実家にも、実家のある街にも。

 

その違和感というか居場所のなさ、生まれ育った街が知らない街になっていくような感覚。最初に感じたのは大学1年の夏休みであったように思う。

高校卒業と同時に生まれ育った街を離れ、希望通り遠くの大学に進学した。

はじめての帰省をした夏休み。その3月まで確実に寝起きしていたはずの自分の部屋さえ、知らない場所のように感じた。自分が今いるべき現実世界を超えて強制的にタイムスリップさせられたような感覚。

帰省した夜に床につき、翌朝目覚めた時、受験に合格し、大学生活を送ったことが夢だったのかと本気で愕然とした。

それまで一緒に過ごしていた家族さえも、既に家族ではなくなっている気がした。というよりも、私が家族の一員ではなく「客」のような扱いになったように感じた。

中学や高校の同級生と会っていてもそうだった。学校も、学校がある地域も違うのだから当然のことだが、話題が微妙に噛み合わない。興味があることすらも微妙に移り変わっていた。

 

故郷を離れた年数を重ねれば重ねるだけ、私と周囲の感覚の差は開いていくばかりだった。学校を卒業すると、故郷に戻る人は多かったが、就職を考えるころにはすでに故郷は知らない街だった。私は別の場所で就職をした。

他の場所で暮らしていてたまに戻ってくるだけの人間と、その場所に住み、仕事をして人間関係を築き、生きている人間。違うのは当たり前のことだった。

 

故郷の街で私が気にせずいられる場所と言えば繁華街。旅行者や一時的に仕事で滞在する人などたくさんの人がいて、私のように街で浮いている者がいても不思議に思われない。しかも馴染んだ実家は私の在学中にリフォームのため取り壊され、新しい家は本当によその家のように感じられた。

帰省しても実家にはほとんど寄りつかず、何か理由をつけて出かけては外で時間を過ごした。

 

「年末年始は故郷で家族と」

これはいったいなんなんだろうと思う。居場所がなくても実家で過ごすのは幸せなのだろうか。幸せというならこの部屋でこのままゆっくりすることが幸せのような気がする。

掌に載せた切符を、元通り引き出しの中にしまう。それからコートを着て、今夜食べるものでも買いに行こうと家を出る。

電車の切符は期限が過ぎても払い戻しは可能なんだったろうか。

 

f:id:kurosuke3796:20191221084014j:plain

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

今日からお休みで帰省される方も多いでしょうか。

「帰省」がテーマのショートストーリーを書こうとしたら、実話に近くなってしまいました。

 ともかく、今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

【イベント出展情報】

■2020年3月28日(土)「こぎんブックマーケット2020」
時間:11:00~15:00
入場料:無料(ガイドブックは別売)
会場:綿商会館 6F
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町8-10
最寄り駅:人形町馬喰横山・東日本橋・馬喰町
東京メトロ日比谷線・都営浅草線人形町駅A4》徒歩約6分
都営新宿線馬喰横山駅A3》徒歩約6分
都営浅草線東日本橋駅B2》徒歩約6分
JR総武快速線馬喰町駅1番》徒歩約9分
https://kogin.net/bookmarket/#bnrad

 

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
総刺しこぎんクマメイン。
クレジットカード使えます。
★minne はじめました。
こぎんクマスコット、こぎんオーナメントベア、こぎんの妖精・うさこぐまなどマスコットメイン!
https://minne.com/@koginbear516

【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/