こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

【こぎんのコツ】ひとめ刺しを埋没させない方法

奇数で刺すこぎん刺し

図案の一目のところが布の織り目に埋没しやすくてお悩みの方はいらっしゃいませんか?

そんなかたのために、9年刺しつづけた私なりの解決方法を提案します。
f:id:kurosuke3796:20200313163353j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

・太めの糸を使う。

通常のコングレスなら、6本よりの糸を使うところを8本とか10本よりの糸を使うとか。

これだと布がつれやすいため、まめに糸こきをしましょう。

また、太いとこぎん針に通しにくいですが、チューリップのこぎん針は通しやすいです。

 

◎1目の部分だけ、ひとめずつ刺す。

どういうことかというと布全体に刺す「総刺し」の場合は一列ずつなみ縫いのように運針する方が多いかと思いますが、図案でひと目のところに来たら、そこで針を止めて裏から刺して出して…とひと目ずつ刺します。

手間が少しかかりますが、きれいに仕上げたいときは、これおすすめです。

 

古作こぎんの場合はひと目部分が埋没していることもあります。

それもそれで味であるように思うんです。

 

刺し手としては、まだまだでしょうが、

9年続けてきた私のこぎん総刺しを収めた写真集できました。

こちらもぜひごらん下さい。
f:id:kurosuke3796:20200313163333j:image

 ご注文はメールフォームから承ります。

詳しくはブログ記事をご覧ください。

kurosuke3796.hatenablog.com

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

【イベント出展情報】

■<中止>2020年3月28日(土)「こぎんブックマーケット2020」

新型肺炎流行の影響で中止となりました。
https://kogin.net/bookmarket/#bnrad

 

【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/