こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

MOONSTONE

f:id:kurosuke3796:20190825082505j:plain

天窓から、細い月が見える。太陽の光を反射して輝くという月は白く儚くけれど鋭い。

眠れない夜。旅の空。時間を刻むのは僕の懐中時計ではなく、宿の置き時計。

 

明朝、僕はこの街を離れる。

駆け出しの歴史学者の僕がこの街に来たのは、史料と史跡の調査が目的だった。大概の目的を果たし、大学が始まる頃には戻らないといけなかった。

枕元の机の愛読書の上には、淡く白く、仄かに虹色が見える石の付いたネックレス。
その、元の持ち主。忘れられない女性(ひと)に出会った。
儚げなのに芯の強いひと。

この街の有力者の後妻になることが決まっていた。決められた婚姻のようにしか思えなかったが、彼女自らの意思で決めたという。
婚礼の日はもうすぐらしかった。

 

昨夜、僕は彼女と二人で夜明けまで過ごした。
僕が大学のある街へ帰ったら、おそらくはもう二度と逢えなくなる。その最後の思い出に、二人で過ごしたかった。

暗い室に浮かぶ、華奢な背中。僕の首に絡む細い腕。頬に触れた絹のような髪。細い月を見ると、この身に触れた温もりが蘇るようだった。

貴方と共にいることは叶わない。でも、忘れたくない。と言って託されたのが、あのネックレスだった。月長石。子供の頃からお守りのように持っていた、大切なものという。

僕は彼女に懐中時計を渡した。この先、逢えなくてもどうか僕のことを思い出して欲しい、と。

「立派な学者になってください」別れ際、口吻の後、彼女はそう言った。

f:id:kurosuke3796:20190825082529j:plain

「奥様。どうかされましたか」
「あ…いいえ。何でもありません」
掌のうちに隠した懐中時計。胸に当てると鼓動と連動するように、時を刻む。秘めごとの証。

―貴方の夢が叶うよう、祈っています。

 

f:id:kurosuke3796:20190825082610j:plain

 


こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろでした。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。


【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/