こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

貴方のこぎんがクマになるオーダー、はじめます。

こぎん刺し部分はお客様に刺していただき、

それを使って、こぎん刺しのテディベアを作るという形のオーダー

はじめます。

…実は既にお受けしているんですが^^;

 

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

今年のこぎんフェスにて、ユニオンジャックのこぎん刺しが目印のSwallowtailさんとコラボしました。

これはこぎん部分はSwallowtailさん、ベアやキーホルダーなどへの仕上げは私が行い、細かいデザインは二人で考えていって完成しました。

 

で、できたのがこちら(両端)。

f:id:kurosuke3796:20190424073053j:plain

サイズは高さ7cm程度です。

 

詳しい経緯はこちら。

kurosuke3796.hatenablog.com

作ってみて、自分以外の作家さんが刺したものを仕上げるのは、

想定しなかった面白さがあることに気づきました。

自分で刺しから行う場合は、どこにどんな模様が入るかとか色の出方はとかいろいろ考えて作るので、完成形はある程度読めますが、

人が刺したものを仕上げると、こうなるのか!これも面白い!という気付きが多いです。

 

というわけで。

「自分が刺したこぎん部分を総刺しこぎんクマ(ウサギ、クマその他)にしてほしい」

「刺したけど何に仕立てていいかわからない作品がある」

「ご家族が刺していたこぎん刺しがあるんだけどどう仕立てていいかわからない。折角だから普通と違うものにしたい(ベアのサイズが小さいのでハギレを組み合わせる形でも大丈夫です)」

 

という方がいらっしゃいましたらお問合せ下さい。

サイズに指定がございますので、その大きさの生地に総刺しで刺していただくようになります。

その他詳しいことも、相談しながら進めていければと思います。

興味を持たれた方は、問合せいただけると幸いです。

koginbearstyle516.jimdofree.com

今日も読んでくださり、ありがとうございます。


★kogin*bear style 活動情報★

kogin*bear style ホームページOPEN!
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/


こぎん刺し紹介サイトOPEN!
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★iichi(いいち)出品中。
「kogin*bear style」SHOPのURLはこちら★
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle
※ 購入には会員登録が必要です。
オーナメントベア、総刺しこぎんクマなど。
クレジットカード使えます。


【kogin*bear styleの商品に会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/


■コミュニケーションショップ どて箱
青森県弘前市土手町112-1
http://www.alpha-td.co.jp/dote.html


■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/