こぎん刺しのテディベア作家 kogin*bear style こひろ

青森県津軽地域の こぎん刺しを使ったテディベア作家のブログ。「充実した暮らしを楽しむ大人の心の友達に、伝統模様に祈りをこめて、こぎん刺しを未来へ」。販売先・イベント出展情報・問合せ先は各ブログ記事末尾をご覧ください。

いのしし! kogin*bear style十二支シリーズ

十二支シリーズ、十二番目の干支イノシシ。

(順不同に紹介しています…ブログカテゴリからすべてご覧いただけます)

 

十二支の動物を決める際に、足の速さを過信して出遅れて十二番目になったといわれるイノシシですが…

こんな感じになりました。
f:id:kurosuke3796:20200802075340j:image

おはようございます。
こぎん刺しのテディベア、ベアグッズ製作の、kogin*bear style こひろです。

 

短めに起毛したモヘアで、荒い毛を表現しました。

白いキバも。
f:id:kurosuke3796:20200802075414j:image

 

しっぽもちょこんとあります。
f:id:kurosuke3796:20200802075447j:image

 

なんといっても特徴は手足の形。

これは初期のこぎんクマ(画像右)がこの形で、蹄を表すのにこの形を使いました。

2011年誕生の初期モデル「くろすけ」です。
f:id:kurosuke3796:20200802075359j:image

 こんな意味でも、十二支シリーズは今まで作ってきたものの応用という感じがします。


f:id:kurosuke3796:20200802075502j:image

 

こぎん模様は「豆こと花この連続」 。

「亥」には、生命の源が凝縮された種という意味があるそうなので、種…豆こを選びました。

f:id:kurosuke3796:20200727073327j:plain

 

イノシシの応用でできたブタさんです。

キバがないのと、耳の形が違います。
f:id:kurosuke3796:20200802075536j:image

 

www.iichi.com

今日も読んでくださり、ありがとうございます。

 

★kogin*bear style 活動情報★

 ■「三人展~つなぐ~」
会期:2020年10月26日(月)~11月14日(土)
会場:カフェ・パザパ
〒131-0041 墨田区八広5-32-8
070-5561-2017
入場料:カフェでの展示のため、ドリンクのワンオーダーお願いします。

 

 【kogin*bear styleオンラインショップ】

☆オーダー受注は TanoMake(タノメイク)

オリジナルの総刺しこぎんクマを作れます。

https://tanomake.com/shops/105

★iichi(いいち)洗練されたおしゃれな大人向けなアイテムはこちら。
https://www.iichi.com/shop/koginbearstyle

★minne キュートで親しみやすいアイテムはこちら。
https://minne.com/@koginbear516

 

【kogin*bear styleのクマに会えるお店】
津軽工房社
青森県弘前市元寺町52
http://tsugarukoubosha.jimdo.com/

■La Pomme-ラ・ポム 青森県産品ショップ&ネイルサロン&エステサロン
弘前市土手町65
営業時間9:30~18:30 木曜定休
https://www.facebook.com/LaPommeAomori?pnref=story

■コミュニケーションショップ どて箱(一時閉店中)
青森県弘前市土手町112-1

http://www.alpha-td.co.jp/dote.html

※界津軽様の、宿泊者限定でご利用いただける売店でも総刺しこぎんクマ・こぎんクマスコットを販売しています(青森県南津軽郡大鰐町)。

 

【ホームページもご覧ください】

★kogin*bear style ホームページ
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/

☆こぎん刺し紹介サイト
KOGIN LAB & SALON by kogin*bear style
https://koginlab.jimdo.com/
(English only)

★製作依頼・注文・問合せは、下記問合せフォームからどうぞ♪
https://koginbearstyle516.jimdofree.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/